【お医者様も人の子。非科学が大好きだ。】2012/11/27 10:57 AM

 

皆様 お早うございます。エニシです。

毎年クリスマスにはカニの食べ放題をやります(笑)都内だとやってるお店がもう、一箇所しか見当たらなくて・・。でも毎年年末の田の市民であります。v(=ω=)v カニ

 

さて、今日のテーマですが、科学の最先端を行ってる科学の申し子のお医者の先生達によって行われているとっても非科学的なことがあるのでそれを皆さんにシェアしておきたくて。

「抗生物質」

というものがあります。

http://bit.ly/TqKvxZ ウィキペディアの記事

http://bit.ly/cgEWPI ウィキペディアの記事「風邪」

 

これを読むと非常に面白いことが書いてあります。

「抗 生物質はウイルス感染症には効果を示さない。風邪はウイルスによって引き起こされるため効果が無い 。 その副作用のため有害であるにもかかわらず、未だに頻繁に処方されている。処方してしまう理由には、人々の抗生物質に対する期待、薬屋の需要、処方に対し ての空気など複雑に絡み合う事情が一般的であるとされる。」

つまり、全く意味の無い、むしろ有害なものをわざわざ出して、お金を取っているということです。

我々のような一般人があれこれ勉強して流布していることの類いを非科学と小馬鹿にして切って捨てる割には、こういう類いのそれこそ非科学を未だに後生大事にしているお医者さん達の倫理感というのは一体何なんだろうなと思います。

 

少々医学の知識はあれど、自己都合のこざかしい打算で動く、お医者様も人の子です。

6a0147e35a8d29970b017d3e307cd0970c


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康, 経済
ブログのアーカイブ