【イメージ配合という罠。】2014/10/20 6:54 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

サプリメントを買うとき、何がどれだけ入っているというのをシッカリ開示していないメーカーさんは疑った方が良いのかもしれません。

 

というのも、やれ「コエンザイム配合」、「レスベラトロール配合」、「核酸配合」と謳っていても、それが一体どれほど入っているのかによって飲んだ結果は天と地ほど差が出るからです。

「入っていなくはない」というレベルで、ウソは言ってないでしょ?的な態度で通しているメーカーも多いです。(特にネットワークビジネス系の商品に多い)

極端な話、プール一杯分の水に、オレンジジュースを一滴垂らしたものを指して「オレンジ果汁配合」ということもできてしまうんですね。

なので、有効成分の配合量というのを開示できない=まともな量入れてない

と疑った方が良さそうです。

 

皆さんの飲まれているサプリメントはどうですか??(^^;)

ちなみに私は、信じて飲んでいたサプリメントが悉く、「成分の詳細表示なし」だったために愕然としてしまいました・・。

20141010191846


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ