【ホリスティック(統合)医療】2013/09/30 6:51 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

更新がしばらく滞っておりました。本業がまたやたらと多忙になってきております。もう、こんな神経をすり減らして行くだけの大根おろしみたいな生き方はコリゴリであります。さっさと全国を行脚して好きなことを述べて話して、地元の美味しいモノを食べてという生活に移行したいであります。(;=ω=)=3

さて、私が今まで経験してきたことを顧みるに、どうも創造主は私に、西洋と東洋の知恵の統合をさせるような動きを望んでいるような気がします。

<うつ病>:まさに西洋医学が不得意とする分野。薬を出すしか脳が無い。

<癌とか糖尿病とかの難病の類い>:西洋医学の治験で既に素晴らしいものが出回っているが、往々にしてそういった治療法が案でかつ完治に向かうために、それによって財布の中身を減らされる人々の巧妙なネガティブキャンペーンによってフタをされている。

<私が失った左目>:生体や鍼灸など、東洋医学に属するものでよさそうなものは色々やってみたが、全く効果なし。そこに西洋医学の粋とも言える「臍帯血幹細胞移植」が現れた。今のところこれという結果は出ていないが、体全体の若返り効果だけは間違い無く実感しており、なるほど理論と検証に裏付けられた医学は確かに見事だと思う限り。


今まさに刃物で刺されて出血している人に対して、ヨガを勧める訳にはいかず、長年の間に積もった悪しき生活習慣によって生まれた癌に対して、「切って捨てれば」と言って全く根本に対処しないのもNG。

基本は東洋医学のスタンスで、自分を未病の状態に留める心身の生活を続け、どうしても出てしまった問題に対しては、とりもなおさず当面の処置は西洋医学で行うが、どうしてそれが発生したか、もう起こさないにはどうしたらよいかという観点で直ぐに東洋医学に戻る。こんな感じのスタンスが良いのではないかと。バランスが取れてて。

これを推し進めて行くとおそらくは、一部の救急外科的な処置以外のものはほとんど医療としては存在しないという世界がもたらされるのだろうなと思います。

それはきっと、今より遙かに過ごしやすくて、幸せな人の割合が多い世界です。

tougou


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ