【マクロビの正反対で、ニクロビなんてのがあってもおかしくない。】2013/12/11 6:54 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

私が講演会等で扱っている、すごい代替医療の情報の類いを伝える時に悩むのは、やはりその個人差です。サプリメントや飽くまで食品という位置付けだから当然と言えば当然なのですが、諸々の学会で発表されたものであったりする割には個人差の幅が大きく、だからこそあんまり大それたことを言えないというのが正直なところです。

思うに、「これされあれば」的なサプリメントというのは存在しないのだろうなと、最近思います。人がそれぞれ異なるのは生活のパターンから精神的なストレスまで本当に千差万別で、それも毎日同じと言うこともありえない。そうであるならば彼もしくは彼女が、体を修復するために毎日取るべきものも毎日違うということが成り立ちます。

菜食、小食で長生きしたという人もいれば、世界記録級の長寿の女性でベーコンを毎日沢山食べるのが健康法だという人までいる。

becon

http://entabe.jp/news/article/1866

 

なので例えば、毎日すさまじい肉体労働をしていて、脳みそなど一切使っていないと断言している人の場合は、体を修復するための蛋白質をとにかくとることが長寿の条件になるわけで、そうなると野菜よりも断然、肉を食べることが彼にとっては長寿の秘訣になる。

とかく、代替医療のサプリメントの市場ではこれが一番!これさえあれば他のサプリは要らないよ的な言説が多いですが、たぶんそんなことはない。サプリメントでも食事でも、その人の生活習慣に則した処方が必要なのだろうと思いました。

 


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ