【我志普願さんの、オンライン講演会!7月20日&7月27日】2014/07/16 7:15 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

我志普願さんの無料・オンライン講演会、今月も開催されます!

末期の脳腫瘍を、それも現代医学とは正反対の方法で奇跡的に克服された生き証人の方の言葉には、ロジックではない不思議な力が宿ります。

無料ですので、どうぞふるってご応募下さい。

++以下++

来たる7月20日(日曜日)10:00~12:00に
毎月開催させていただいております
我志普願の無料健康セミナー『いまから』をオフライン・オンライン当時開催させていただきます!


7月27日(日曜日)10:00~12:00にもオンラインのみ計画をしております。

テーマは、
20日『私の病歴、現代の死因』
27日『病気の原因~噛む・少食』
です。

予約のお申込みは、こちらのフォームまで!
https://ssl.formman.com/form/pc/Ap7lF0BUOyiGE7kf/
o0480047912960632888

■20日10:00~12:00
『私の病歴、現代の死因』


現在、日本では「病気を治してもらう」という考え方がほぼ常識としてまかり通っております。
ですから、私のような末期ガンの場合、
また、難病と言われる数々の病気の場合、
病院の治療では治った実例が殆どありません。
実例がほぼないからこそ、『末期』とか『難病』と言われる訳ですね!
つまり、「現代医療では治らない!お手上げです!」と言っているようなものです!
しかし、
それにも関わらず、多くの方々は病気になると、冷静に考えて行動する余裕がなくなり
病院が行う治療を選択してしまいます。
それには、心に「病院に治してもらう」という考え方が常識として根強く刻み込まれているからではないかと思います。
私自身も、発病当初、まさにその通りでした。
手術を選択し
左半身不随、
その後、
放射線治療を選択し、
ほぼ寝たきり状態、

その時…

「このままでは、病気ではなく、
病院の治療で死んでしまうかもしれない!」
と心から思うことが出来ました。
以前から、
抗がん剤の害についての本を読んでいた経験がとても手助けになって決断出来たと思います。
その後も、
生還者の体験談の方にとても興味が湧きました。数々の生還者の話を聞くにつれて、現代医療の常識に大きな誤りがあることに気付くことが出来、腑に落とすことが出来ました。
腑に落ちれば、医師が様々なことを言ってきても、全く動じない精神が身に付き、現在の幸せな生活に至っております。
今回のテーマでは、私の経験談をもとにどんな場面で心が揺れ、人生の岐路が訪れるか?また、
現在の日本の死因のトップ5を挙げて、
何故、日本だけ未だに死因1位がガンなのか?などをお話したく思います。

■27日10:00~12:00
『病気の原因~噛む・少食』

病気は、「治してもらう」ではなく「治す」でした。
では、
治すために何をしたら良いか?

病気を治すためにする必要なことは、
とても単純で、
「原始時代の生活」に戻ることでした。

しかし、

これだけ文明が発展した社会では、

いきなり原始時代の生活に戻ろうと思っても無理な話です。

そこで、

できる範囲で、少しずつ人間が持つ自然治癒力を活かすことが必要になります。

今回は、
「噛む」と「少食」について幾つかの事例を挙げなからお話させていただきたく思います。

殆どお金のかからない単純なことばかりで直ぐに実行できると思います。

ご縁ある多くの方々に病気を治していただきたく思います。(^O^)


予約のお申込みは、こちらのフォームまで!
https://ssl.formman.com/form/pc/Ap7lF0BUOyiGE7kf/


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ