【昔は言論の自由があったのでしょうか?】2012/06/18 5:33 AM



皆様

お早うございます。エニシです。 今日も私の文章を読んで頂いてありがとうございます。(^^)



ふと思い出したのですが、私が小学校に通っていた頃、保健室の廊下側の壁に、どこかの団体が作ったと思われる保健ニュース(?)の類いが貼ってあったのですが、今思うとずいぶんと過激な内容が書いてあったなと記憶しています。勿論真実なのですが、表現が露骨でものすごくインパクトがありました。

覚えているだけでもこんなのがあって



・ファイブ○ニなどのいわゆる兼行ドリンクの類いには食物繊維が入っているなどと言っているが、同時にアルコールも多分に含まれているため、健康のために飲むなどもってのほかである。金魚鉢に数滴、そのドリンクを垂らすだけで、アルコール分が毒になって金魚が全滅する。(その写真が掲載されている。)

・肥満になるとどうなるのか。亡くなった肥満の方のおなか周りから採取した脂肪分のでかい塊(真っ黄色)の写真を示して、こんなものがカラダに蓄積されているのだと言う。

・喫煙者と非喫煙者で亡くなった方から採取した肺の断面図。喫煙者の肺は真っ黒で、傾けるとタールのようなものがしたたり落ちてくる。

・コンタクトレンズの内側に繁殖する雑菌のせいで、種々の目の病気を発症する。(で実際発症した方の痛々しい目の写真)



政治家すら「いかがなモノか」とか、どうにも煮え切らない態度でお茶を濁してまともに意見を表明しない今思うと、ものすごく勇気のあるというか、骨太の主張をしていたなあと思うのです。

どこかの消費者団体が書いていたのかなんなのか、しかもあれを学校という、権力の息の掛かったいわば公共の場所であれだけの主張をしていた彼らは今どうしているのだろうかと思います。是非世の中を良い方向に持って行って頂きたい。

今も小学校の保健室ではああいった紙が貼ってあるのでしょうか?教育関係のお仕事でもしご存じの方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

silverengelsあっとgmail.com

よろしくお願い致します。(・ω・)/

6a0147e35a8d29970b016767a31baa970b


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康, 政治
ブログのアーカイブ