【本当にあるのか新型うつ病】2013/10/14 6:55 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

プロフをご覧になって分かる通り、私もうつ病の経験者です。転職先の詐欺まがいの求人内容と実際の業務のズレと、ヤクザ上司二人によるパワハラによって精神崩壊、退職、そしてプー太郎⇒うつ病という経過を辿りました。

うつ病だったときを振り返ると、気分は沈みっぱなしの、世界が灰色、未来は真っ黒に照らされていて、そんな塗炭の苦しみをこれから死ぬまで延々と味合わされるよりは、さっさと白旗をあげて人生を終わりにしたかった。そんな感覚でした。

 

で、最近メディアで取り上げられるようになった「新型うつ病」

自分に都合の悪いときだけうつ病の症状が出る、そしてそこから離れると途端に元気になるという・・・なんというか扱いに困る病気です。

ShinUtsu

性格の欄を見ると、どうもただの人格障害にあたるんじゃないかと思ったり、私ですらします。

それでも、薬による治療よりはNLP等の精神療法の方が奏功しそうな気はします。何からかのネガティブなアンカーリング(条件付け、あるいはトラウマと言った方が良いか)が働いていて、それがトリガーになって発動する、しかしそれが取り除かれると普通に戻る。

そこの条件付けを少しポジティブに書き換えることができれば、従来のうつ病よりは対処が楽そうです。

しかし、新型うつの患者さんというのを私はまだ目にしたことがないのですが、こんな症状だとただの怠け者か責任放棄の自己中な人という映り方しかせず、それもそういう状態になっていることについて自分が問題を感じていないと言うか、社会の方が悪いと言わんばかりの考え方だと、そもそも治療の場に足を運ぶだろうか?という疑問も出てきます。

時代が生んだ身勝手な人格に対して、仕事の欲しい精神科医がまた適当に病名を付けて病気化している可能性もあり。。やれやれ。

ちょっと私も治療の実地に赴いてみないことには分からないですね。。。(;=ω=)

isha


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ