【目の健康三種の神器】2014/10/30 7:55 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

目の健康の為に私が使っている三つ、ご紹介しておきます。

・Buiレンズ(眼鏡)
・ブルーベリー
・ルテイン

です。


1.Buiレンズ(眼鏡)

森の中からであれば、木漏れ日の太陽は直視できます。これが光の「回折」(かいせつ)という効果のためで、これを活用した眼鏡のレンズのコーティング技術をBuiと読んでいます。薄く、蜂の巣のようなコーディングが施されて、パソコン等からの光を回折させるため、光がとても柔らかく感じられるようになり、眼精疲労がかなり軽減されます。(私の体験談)

【BUIレンズ】眼精疲労とByeBye!http://bit.ly/1sPa9ix

bui-syousai
2.ブルーベリー

目が光を感じる際、ロドプシンという物質が光を受けて弾ける時の電気信号が網膜内部で発生する必要があります。このロドプシンを補給する力があるそうです。

【ブルーベリー】目に体力!http://bit.ly/1sPbfuR

Vaccinium_corymbosum(01)

3.ルテイン

目は私たちの身体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすいところです。眼はまぶたを開いているとき、必ず色々な光が入ってきます。この光の中の青色光と紫外線が、活性酸素を発生させる原因となっています。

つまり、眼は常時、活性酸素の害にさらされているわけですが、ルテインは強力な抗酸化剤として、眼をこの害から守っているのです。

私たちが物を見るとき、光は角膜、前房、水晶体、硝子体を通り、網膜黄斑部で光を感じています。

この黄斑部と水晶体には、ルテインが集中していて、水晶体のルテインは青色光を吸収してフィルターの役割を果たし、黄斑部のルテインは網膜上で発生する活性酸素を無害化しています。

黄斑部にはルテインとゼアキサンチンという成分しか含まれておらず、ルテインが減少することで、太陽光線の影響を受け、視力低下や眼の病気を引き起こしてしまうといわれています。近年の研究により、水晶体・黄斑部のルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性(AMD)といった眼病の要因になるともいわれるようになりました。

【ルテイン】目に体力!http://bit.ly/1tsgouL

Marry
 

特に現代はパソコンなしで仕事する人はホントに少数だと思うので、是非試してみて下さい!


【コメント】

コメントはまだありません

ブログのアーカイブ