【臍帯血幹細胞移植 その後の経過③】2013/05/13 6:43 AM

皆様 お早うございます。エニシです。
5月のGWが終わると連休は2ヶ月ほど来ません。(^^;)ひいひい

さて、先週末、現状の左目と、3年前に発症したときの左目のデータを貰ってきました。
今後起きる左目への変化を、ちゃんとエビデンスとして残して論文を書いたりするためのデータです。

調べて良かったなと思いまして、それがこれらの眼底の断面図写真なのですが

left



左目は、網膜の神経細胞の層が薄くはなっているものの、網膜剥離のようにそもそも網膜が物理的に外れてるとか、無いという訳ではなく、光には反応しても非常に感度が弱いという状態なのだそうです。また、細いけれども血管は再生して通っている、とのことでした。

健常な右目の網膜は、確かに分厚く、黄斑の部分だけが凹んでいます。

right

血液の通る場所であれば、また物理的な損傷でなければ可能性はかなりあるというのが臍帯血を提供してくれた製薬会社の方の説明だったので、また少し希望が強くなりました。(^^)


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ