【菜食で地上最強の筋骨隆々】2013/07/02 7:50 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

今日の埼玉は気持ちの良い晴れ。梅雨は明けたのかな??
あんまり雨が降らない梅雨でしたね。(って明けた前提になっていますが)
今後の講演動画のネット配信などに対応するために、AdobeのCreativeCloudを購入しました。
図を描いたり、動画を編集したりといった機会が間違い無く増えるので、先行投資です。
月5000円が高いか安いかは人に拠りますが、Adobeの全商品の最新版が無制限に使えるという点では、良いかなと思って居ます。

さて、今日のお題ですが、はい。マウンテンゴリラです(笑)

ImagePreviewA

地上最強の霊長類。身長は約2メートル、体重も200キロを超えますが、手の指2本で木の枝にぶら下がり、全体重を支えるというとんでもない握力を持っています。
人間の腕くらいは簡単に引きちぎられてしまいます。

これだけの肉体を維持するのですから、さぞかし肉を食ったりのスゴイ食生活をしているのだろうと思われますが、驚くことに彼らはほとんど植物しか食べません。
特に好んで食べるのが、木の皮を剥いた芯の部分。なので、彼らが入り込んだ森は食い荒らされてダメになってしまうため、地元では結構な害獣として嫌われていたりします。

木の芯の部分しか食べていないということは、その芯の部分に彼らの体を構成する栄養が入っているという訳ですから、植物が持ってる栄養というのは間違い無く「スゴイ」のです。
この事実を知ってから、菜食侮りがたしということで、マクロビやその他の菜食レシピというモノを見直しています。

ti_07091401


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ