【鹿児島のハーブ 放射性ヨウ素の分解作用】2011/04/17 10:17 AM

やはりありました。放射性ヨウ素分解作用。
おそらくそうだろうとは予測してました。

有害物質の化学結合を解ける
=結合に使われている電子の軌道を変えることができる
=不安定な放射性同位体の中性子に何らかの作用を及ぼす程度は難なくできるはず。なぜなら、電子よりも中性子の方が数万倍というオーダーでデカい。

仏教最後の教典 法華経の寿量品第十六に記されている
「皆悉供足(かいしつぐそく)の薬」を作り出す薬草です。

茨城の農家の方がデータを送ってくれました。

奇蹟を賛嘆する限り、彼等は望む者のところに舞い降りる。

あまりばらまくモノでもありませんので、欲しい方はメール下さい。
お見せします。

silverengelsあっとgmail.com

stv


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ