【国家レベルで仕込まれる横綱相撲】2013/02/10 11:47 AM

 

皆様 お早うございます。エニシです。

今日も私のブログをお読み頂いてありがとうございます。

 

ネットワークビジネスの良いところ悪いところについてはこちらのブログでも何度か語っているところでありますが、再度書くと

<良い点>

・原価は普通の流通網に比べて10倍くらいの値段を掛けているので、確かにモノは良い。

・本業を別に持っていてもできる副業として最適である。

・過去のキャリアやらといった束縛が一切無く、結果が全てのビジネスで一攫千金は可能である。

 

<悪い点>

・金にしか興味の無い一部の不届き者代理店がどこの会社にも一定の割合で混ざっているのは事実で、こういう連中と関わるとろくなことがない。

・原価が掛かっているのは良いとしても、同じ目的の普通の市場の商品と比べて10倍近い値段が付いていることが多い。

・ニーズの無いところに無理なトークをする人が多く、教育も各社任せのために、代理店の質はまさに玉石混淆といえる。

・結局馬鹿高い商品を毎月自己購入しておかないと報酬も入らないという仕組みのところが多い。

 

こんな所です。

ところがこの業界も日進月歩のようで、さすがに今までのやり口でいつまでも持たないと悟ったのか、今までの問題点を克服したモノが結構、出てきています。

中には、アジア圏で国策として行われている会社もあって、ここは結構、驚きというか今までネットワークの商材でなければ到底実現できなかった品質の商品を、完全にドラッグストアの価格帯で出してきています。

モノが良くても、その分馬鹿高いというのがネットワークの商材の致命的な弱点でしたが、これが克服されるとそちらの商材を選ばない手はないという形になります。

おそらく、2-3年あればこの会社の商品(主に生活消費財)に日本の製品は取って代わられると思っています。それだけのインパクトがあります。もう日本に入ってきて半年ほどが経っていますが、すさまじい浸透力です。日本の化粧品メーカーは揃って駆逐されると思います。

 

でも、日本が教育やら政治の仕組みやら、色々と問題だらけなことに気付いて色々と実際の変化を伴う変革行動をとるには、もうしばらく日本は国際社会で負け続けて、どん底を体験しないといけないと思っているので、良い機会だと思って居ます。

6a0147e35a8d29970b017c36bc3d40970b


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:政治, 経済
ブログのアーカイブ