【意見が全く同じなら、一緒に会議に出る意味は無い】2012/06/28 5:43 AM



皆様 お早うございます。エニシです。

本日もまたまたおいどんのブログを見て頂いてありがとうございます。(=ω=)



昨日通勤列車の中で聞いていたオーディオブック(本の内容を朗読したモノ)の中で、面白い一節があったのでご紹介。

『何度一緒に会議に出ても、全く同じ意見しか出してくれない人とは、一緒に会議に出て貰う意味が無い』

その通りだと思いました(笑)だって皆で知恵を出し合うという場が会議なのであって、同じ知識と判断力しか持ち合わせない仲間では何も生まれないというか、烏合の衆になってしまうからです。

木偏を持っている漢字を羅列しその数を競うゲームをやるとき、自分だけでは数個しか出せなくても、人が集まって出せばその分数は出てくるわけで、ところがそれが全く同じ知識しかなかったら、確かにそこには何も生まれない。

ここから転じて、

『人が自分と異なる意見を持っていることを歓迎するべきだ』

という結びになっていました。そうであるからこそ議論の意味があるし、新しいモノが生まれるのだ、と。

なるほど確かにその通りだ。納得しました。

6a0147e35a8d29970b016767ec3d18970b


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:政治, 精神世界
ブログのアーカイブ