【ギリシャの騒動の本質】2015/07/05 9:49 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

ギリシャの財政破綻の騒ぎの本質ですが、ギリシャが放漫財政をやっていたということは一因の1つとしてありつつも、根源的な原因ではありません。

『私企業による中央銀行制』

これが打破されないかぎり、国というのはひたすら利子から発生する負債を増大させていくという宿命にあります。

 

中央銀行(日本の場合は日銀)が私企業?何言ってんの?

と思われるかも知れません。しかし紛れもない事実です。

nichi
どうでしょう?JASDAQに上場している、普通の「株式会社」です。

ここが印刷するお金を、市中の普通の銀行が「借り」て、そのお金が僕たちの手元ににまで流れてきます。そしていずれ、このお金に利子を付けて、日本銀行に返さなければならないのです。日本で唯一、無からお金を印刷して作る事ができる法人からお金を借りて、利子を付けて返すのです。

この仕組みで、負債が増えない方がオカシイじゃないですか?


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:政治, 時事
ブログのアーカイブ