【ウェイクアップライト、毎日運用中。】2013/10/31 6:59 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

毎日せっせと電気を作ってくれるポータブルソーラーパネルが愛しいであります。(=ω=)

 

さて、先週末に我が家に届いたPhilipsの『ウェイクアップライト』ですが、初日の失敗はあったものの、2日目以降はしっかりと私を起こしてくれています。

wake

設定をどうやら私が勘違いしていたようです。

起きる時間を設定する箇所が2通りあって

・冒頭のWake-up Profile設定

・Switching the alarm on/off

マニュアル上では、この2つの違いが初見では私、分かりませんでした(^^;)だって、Wake-up Profile設定でも起きる時間の設定を行い、Switching the alarm on/offでも全く同様に時間設定を行うのです。後者の方は「Alarm」なので音を鳴らす設定なのかなと、早とちりしていました。

 

で、ここ3日ほど使ってみて分かったのは、この2つの設定は入れ子になっていて、

・Wake-up Profile設定の中で行った、「起きる時間」の設定は、Switching the alarm on/off の設定時刻と同じになっている。

・Wake-up Profile設定 では、起きる時間とその際に点灯するランプの照度、音のボリュームと種類の設定ができる。この設定で「実際に時間が来たらその動作を行うかどうか」、をSwitching the alarm on/off で制御している。つまり、Switching the alarm on/off 側でアラームをONにしていないと、いくらProfile側で設定してもその動作は起きないということでした。

 

いやー、日本で売ってない商品を輸入したもんだから、ちょいと分かりづらかったですね。

だけどいざつかってみると自然な目覚めを可能にしてくれるこのライトの力を実感します。冬になると兎に角起きるのがつらくて。作業の効率としては年中、夏至の時間設定で活動したいのでね(^^)

多分、寝起きの良さについてのファクターは

・そもそもの睡眠時間の長短:20%

・睡眠に入ったタイミング:10%

・入浴したか:10%

・レムとかノンレムとかの兼ね合いでの起きるタイミング:10%

・飲んだサプリ等:10%

・温度:10%

・触覚:15%

・光:15%

色々試したところこんな感じなんじゃないかと思っています。小さな項目全部の総合得点で足し算なんですね。

皆さんはどうでしょう??

Image5

それでは、また明日!


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:生活お役立ち系
ブログのアーカイブ