【充電電池はこう使え!】2013/10/23 7:47 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

いつも私のブログをお読み頂いてありがとうございます。

 

スマホは、今までのガラケーと比較して圧倒的に電池を食います。試しに、スマホのデータ通信をオフにすると、一週間以上バッテリーが持つスマホになって驚きます。いかに通信に電力を使ってるかっていうことですね。

スマホには絶対に充電式のバッテリーが搭載されていますが、今の主流はリチウムイオン電池。これは継ぎ足し充電に強いと言われていますが、それでも継ぎ足し充電は確実にバッテリーの寿命を縮めます。

一旦、最大まで充電したら、全部使ってカラッポにしてから、次の充電で満タンにまで入れる。そしてまたゼロまで使う。これが、もっとも充電電池を長持ちさせる方法です。

これの説明は、なかなか電子工学を知らない人へはしづらいのですが、良い例えを考えついたので、読んでみて下さい。

バッテリーを、こんな感じのの、スーパーでタマゴを売っている場所という風に考えて下さい。

Tamago

最前列にある黄色いタマゴがありますが、これが売れたとしましょう。そうすると、次の列のタマゴが売れるわけですが、「継ぎ足し充電」は、この最前列の黄色いタマゴがあった部分にまた、タマゴの在庫を置いてしまうことになります。

そうするとどうなるか。2列目以降のタマゴは、当然ながら売れ残るというか、賞味期限に向かって時間が過ぎていくことになる。全部売れてから、全部のタマゴ(25個)を並べればそういうことにはなりません。継ぎ足し充電をすると、最前列よりも後ろのタマゴを腐らせてしまうんですね。

なので、基本は、全部売れてから在庫を仕入れる。その繰り返しです。

 

これを理解しただけでも、電池の寿命はグンと伸びます。

快適なスマホライフ(スマホに限らず充電式の電池一般がこうですけど)を!!(=ω=)


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:生活お役立ち系
ブログのアーカイブ