【夜行バス快眠グッズ】2013/09/17 7:42 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

昨日朝、夜行バスで大阪から帰ってきました。台風の影響で大幅に遅れましたけど、無事に戻ってこれました。(^^)

大阪講演会はまた10名ほどの方々に集まって頂き、賑やかな会になりました。ありがとうございます!

 

さて、地方の講演会などで夜行バスでの移動が多い私ですが、夜行バスでしっかり寝るには双方の工夫というか、グッズが必要です。こちらに私が使っているグッズの類いをご紹介しておきます。もう4年以上も前ですが、大阪で働いていたことがあり、しかし大阪に引っ越すわけにいかない状況だったので月曜日の朝に大阪に出向き、金曜日の夜中にバスで帰ってくるという生活を3ヶ月ほど続けたことがありました。

当時はまだ、格安のバスがあったので(一週間前の予約で3800円!なんてのも)それを使ってたのですが、こういうバスはシートも固いしリクライニングも全然効かなかったりで、本当に乗り心地が悪かったです(笑)

しかし、これらのグッズを使うと、かなり快適に、というかこういう安いバスということをモノともせずにちゃんと眠れるようになりました。

一つ目:トランジットピロー

Tem

楽天の商品リンク

テンピュールの枕で、低反発のスポンジが入っています。これによってクビをしっかり固定すると、ものすごくよく眠れるようになります。普通のベッドの寝心地を100だとすると、夜行バスのシートでただ眠るということの寝心地は25だったりしますが、これを使うと一気に60まではスコアを上げることができます。

二つ目:アイマスク

m06233_1

楽天の商品リンク

これもテンピュールの品です。優しく目を包んで真っ暗にします。これでスコアは+15。合計75。

ラスト:ノイズキャンセリングヘッドフォン

QuietComfort2

楽天の商品リンク

Boseの高級品で、QuietComfort15というのを使っています。航空機の国際線のファーストクラスには標準装備されていたりする、優れもの。

こいつで耳を覆うと、バスの中でも本当に静寂が訪れます。もちろん耳栓でも良いのですけど、これはアクティブに音を消すチカラをもっているのでさらに静かになります。これによって+20 合計95になります。

 

おそらく1つめと2つめで充分です。充分、安い夜行バスでも眠れるようになります(^^)トランジットピローとアイマスクで10000円でお釣りがくるくらいかなと。しかし、高い夜行バスと安い夜行バスで結構な金額の差があって、その値段の違いが寝心地の良さと考えれば、この10000円の投資で、安いバスでも眠れるようになると考えれば、ものの数往復で元は取れちゃいますよ。

皆さんもどうぞお試しあれ。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:生活お役立ち系
ブログのアーカイブ