【少し怖い水道水の塩素の話】2012/05/14 5:06 PM



皆様

お早うございます。エニシです。



水道水には塩素が含まれています。蛇口をひねった時点で、何PPM以上といった基準値が設定されていて、必ず塩素が入っているようにという基準が国の指針として定められています。

塩素が体に悪い!けしからんという言説は枚挙にいとまが無いのですが、これは人間が利便性を求めた(この場合は、水源から遠く離れた場所でも自由自在に水を使いたいという希望)ことによる副産物のようなものです。実際、塩素を入れなかった場合、遠くの浄水場から運んでくる間に通ってくる水道管の中で発生する雑菌の類いに水が汚染されてしまって、より飲めない危険な水になってしまうのです。

しかし、だので仕方ない。という言い方も私はしないです(笑)実際塩素は体に悪い。試薬を使って塩素の入った水を赤く着色し、それに指を入れてかき混ぜると、みるみるその試薬の色が消えていきます。これは、皮膚から塩素が吸収されているという証拠です。



水も綺麗なものを買ってくるという時代ですが、それでも実際に汲んでるところを自分の目で見たわけではない。蛇口から出てきた水を自分で綺麗にするというスタンスが必要です。



この点、私が工夫しているのは、「ビタミンC」による塩素の除去です。生活の中でダイレクトに、それも大量に水道水に触れるのは入浴の時です。特に湯船で一番風呂に入る人は大変なことになります(笑)

シャワーの脱塩には私はこれを使っております。使う水の量が半分になるので、すぐに元が取れちゃいます。

イオニックCシャワー

6a0147e35a8d29970b0168eb7a91b6970c



で、湯船に関してはこれです。付属のサジですり切り一杯程度、入る前の湯船に入れます(一番風呂の人の仕事です。)

イワキのビタミンC

6a0147e35a8d29970b01676678dcfd970b



シャワーも湯船のお湯も脱塩すると、別物のように肌触りが柔らかくなり、肌が喜んでいるのが分かると思います。是非、お試しあれ。

(・ω・)/


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

ブログのアーカイブ