【宗教だけが、旧態依然。】2015/03/20 8:52 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

うつ病の克服から精神世界にドップリ浸かってきた私(それでも科学を軸足にしていましたが)ですが、スピリチュアル分野の余りにガセネタの多い、不誠実なところからもはや愛想を尽かしまして、科学9割、不思議1割というスタンスに立ち返ろうと決めました。

アセンションが起きる、愛に満たされた世界が来る、弥勒の収める世の中が来る・・・エトセトラ本当に色々な事がこの数百年くらい語り継がれていると思いますが、なーんにも、本当になーんにもそれらしい変化など起きていません。

奇蹟の泉がある、これを飲めば、コレを身につければ・・・というものも色々と試しました。国の陰謀で潰されているとかなんとか。しかし、プラセボの域をほとんど出ません。

かたやどうですか。科学は。一例を挙げれば

・テレパシーと言われた超能力の類いを、携帯電話という形で誰にでも使えるものにしました。

・インターネットという仮想空間に、集合知を生み出しました。

実際の世界にもたらした恩恵という意味で、宗教やらがどれだけ屁理屈をこねたところで勝てない結果を出しています。



こちらは、人工網膜デバイスで視力を取り戻した人の映像です。これは立派な奇蹟ではないのですか?

 

科学で解明できない不思議に対する寛容さと追究の熱意は捨てずに、『全く検証できないインチキ』は切って捨てます。

 


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:科学技術, 精神世界
ブログのアーカイブ