【銀河の挙動を説明するのに、ブラックホールは必須か】2014/03/20 7:19 AM

皆様
お早うございます。エニシです。
今日も私のブログをお読み頂いてありがとうございます。

実際に観測されたことはまだないにしても、ブラックホールの存在はアインシュタインによって予想され、銀河の挙動を説明する為には、銀河の中心部にブラックホールが存在するということを前提にしないと明らかにオカシイということで、その存在はほぼ物理学会では確実と言われています。

Black

しかし、音が粒子に与える影響をサイマティクス(Cymatics)という学問が提供する事実は、私にこのブラックホールというものの存在についての疑いを投げかけます。



 

この動画の、5分10秒辺り。音によって粒子がまるで宇宙空間の銀河のように振る舞う様子が出てきます。

つまり言いたいのは、何らかの波動が空間に存在することで、そこにあたかも外部から観察できる法則のようなものが成り立ってしまう、という仕組みがあるのではないか、ということです。

いやー、不思議は尽きませんね。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:科学技術
ブログのアーカイブ