【『分裂する未来』を実感する】2012/01/14 2:22 PM

職場の仲間と久しぶりに昨晩飲みました。私もアサインされているプロジェクトから、マネージャーとの見解の相違が原因で任を解かれた方々で、慰労というか私も今後どうするかという辺りの話をしようとセッティングしたモノでした。

私は今の会社は、6社目。都合5回の転職のうち3回が会社都合でした(倒産2回、リストラ一回)今の職場は、上司にも恵まれ、仕事の内容にも恵まれ、忙しいけどちゃんと有給休暇は取れますし、住宅補助だってちゃんとある。

ヒゲを伸ばしたって全然何も言われないし、職場で音楽を聴いてもOK。自由な職場です。それでいて東証一部上場の安定感と信頼性もある。

私にとっては、この上ない環境です。本当に感謝したいくらい恵まれている。だから何の不満もないし、このまま長く勤めたいと思っている。


ところが、一緒に飲んだ方々の見解というのは私とは悉く違っていて、同じような仕事を任されて、同じような待遇の環境にいるはずなのに、とても不満が溜まっていて、次の会社をどう見つけるかというような話にまで及んでいたのです。

実際、周りを見回すと人の出入りは激しくて、入った人が2ヶ月も経たずに退職したり、休職に入ったりといったのも見聞きしています。しかし不思議なのですがそんなことは私に限って全く起きない。

もう2年ほども前になりますが、ヘミシンクの日本の大家、坂本さんの本で「分裂する未来」というものがありました。バシャールという高次生命体とのコミュニケーション記録の本で、このバシャールという生命体が、今後の地球は、住んでいる人の意識次第で地獄にも天国にもなる、大まかに分けて5つほどのパラレルワールドに分かれていくということを述べていました。

同じような状況にいるはずなのに、人々が全く違う現実を味わっている、という形でその世界は姿を現すそうで、いよいよパラレルーワールドへの分裂が始まっているのではないかと思った出来事でした。

6a0147e35a8d29970b0162ff8e429f970d


http://amzn.to/A2ePHP


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ