【やるだけやってダメなら、それは人のせいで良い。】2013/05/27 6:59 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

週間天気予報を見ると、この先曇りや雨が多くて、埼玉も梅雨入りするのでしょうか?
梅雨の時期は癖毛が爆発するのと、偏頭痛が頻発するのでキライなのです(=ω=;)

さて、本日のお題ですが、私がこの手の真実を広める活動をするとき、自分としてのベストを尽くした先で相手にご理解頂けないときは、それはもう、相手に理解力が無いということで自分なりの決着を付けています。

そうしないと、やれ自分の説明がまずかったとか、相手を思いやる気持ちに欠けたとか、検証のしようのないことで自分を貶めるネガティブなスパイラルに陥るので、良い事がないのです。

一生懸命伝えて、それでダメなら、やれやれ馬鹿な奴だ。勝手にせい(笑)で良いのです。

ただ勿論、面と向かってそういう態度はしちゃだめです。表面上では、ご期待に添えなくて申しわけありません、といった態度をしておきます。

理解しない人は理解しないと感情で決めてそうしているケースがほとんどで、そこに理屈も何も効を為しません。説得するだけ時間の無駄です。分からず屋のその人一人に掛けるエネルギーを使うよりも、素直な人を5人くらい救った方が世界の為になる。

そういうものです。確率論なので、軽やかにいきましょう。
もらった拒絶の回数分、救った人の数も積み上がっています。

CIMG5675ss


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ