【人間の手からは何らかの放射線が出ているのだろうか??】2012/12/19 11:08 AM

 

皆様 お早うございます。エニシです。

冬でも夏と同じ時間に起きて活動できる方法がないかと模索中であります。

温度、日の出の時間。この二つを夏と同じ条件にすれば起きられるのではないかと。まずは白色LEDの強い奴を買って、目覚ましの鳴ったタイミングで点灯するということを実践してみます。

 

さて、今日のお題。

世界救世教や宗教真光といった団体では、「お光」といって手かざしによる治療といいますか、浄化行為が日常的に行われているのですが、これは人間の手から放射されている何らかのエネルギーを根拠にしています。

このエネルギーは生命体共通のものだそうで、人間にとどまらず動物、植物に対しても有効であり、真偽のほどは私が確かめようがないですが奇跡のような体験談が多く語られていることは事実です。

Youtubeに載っていた動画で「可愛いフクロウ」というのがありました。



猛禽類のフクロウが人の手で撫でられて

「は~・・・気持ちいい~・・・(=ω=)もっとしてください」

という顔をしています(笑)

愛でるという行為は生命体の種類を超えて通じるのかなと思う次第です。

単純に人間の手が温かいのでそうしてるのかもしれないのですけどね。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:科学技術, 精神世界
ブログのアーカイブ