【今の時代にホンモノの救世主が生まれたら。】2015/06/21 5:36 PM

皆様

こんにちは。エニシです。

 

仏教なんぞは2000年以上前に生まれた宗教で、しかもあの頃には文字が無かったためにひたすら口伝だったようで、伝言ゲームの中で大元のものとは似ても似つかぬものになっている可能性が高いです。(実際、仏陀の弟子の一人が、その類い稀な記憶力を使って、改竄を防ぐ目的で石板に仏陀の教えを刻んだらしい。それを「トリピタカといって、マレーシアのどこぞやの寺院にはそれが保管されているのだが、現在知られている仏教とは似ても似つかぬ内容であるために公にできないらしい)

 

宗教というのは集団をコントロールするには非常に都合がよく、税金を徴収したり、それこそ戦争の兵隊に利用したりと、色々と利用できるのです。だから、テキトウにドグマを書きかえたり、勝手な解釈の変更をやったりすることで色んなことに悪用されてきました。宗教の純粋さを保つということはほぼ不可能だということは歴史が証明している。しかしそれは、「記録を残す手段がなかった」からに尽きる。

 

ところが、今はインターネットという形で、集合知を分散して残す方法があります。だから、今の時代にもし、キリストや仏陀、マホメットレベルの覚者が生まれ、彼がその足跡を逐一ネットに残してくれたら、それはずっと残る。誰もが目にしてその信憑性を担保できる情報として。あとはそれを都合良く改竄させないための仕組みが必要だけど、まあそれはきっと今の人類が考えればどうとでもなる。

 

さて、もう地球上にいるなら、そろそろ現れてくれないか。


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ