【子供にとって実の母親というのは相当特別らしい。】2015/04/05 7:21 PM

皆様

こんばんは。エニシです。

先週末に埼玉から千葉へ引っ越し、長女も家内の田舎から新しい家に無事迎えることができました。

 

引っ越しの準備のため、家内が10日ほど実家を離れ、長女は母方のお母様に預けていたのですが、母と離れた10日間、長女は長女で自分の母親が居ないということをシッカリ認識していたようで、2つのエピソードをお母様が話してくれました。

・お母様と家内が話している携帯電話から漏れ聞こえてくる母親の声を、一生懸命聞き耳を立てて聞いていた。

・長女を千葉に連れに1度実家に戻ったところ、お母様に抱かれて来た玄関で家内を見かけるやいなや、今までにない声で「ワー!!」と泣いた。

赤児の、特に聴覚はかなり優れておりかつ記憶にも残しているという研究結果がありますが、それを身を以て知ったような形になりました。10日の間、9ヶ月間お腹の中に居て聞いた自分の母親の声がパッタリと途絶えたことを長女なりに認識しており、かなり心細い思いをしていたようです。10日ぶりにそれが再開できて、本当に安心したし、嬉しかったのでしょうね。(´;ω;`)お父様はもらい泣きしてしまったそうです(笑)

 

子供は凄いです。

IMG_07481
 


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ