【実在する、蛇頭の神々】2013/07/25 8:22 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

ドウリル博士の訳したエメラルドタブレットの8章に、出てきました。蛇頭の神々。

++以下++

アトランティスの在りし時より、はるか以前、暗き魔術を用い、我々よりはるか深きところよりものを呼びて、暗黒を探求せし人々ありき。それらはこの周期にいできたりしが、形はなかりき。別のバイブレーションのものにして、地球の子等には見えずに存在せり。血によりてのみ彼らは姿あるものとなり得、人間を通してのみ、この世界に住むを得たり。

<中略>

彼らは人間の姿にて我らの間にて行動せり。されどただ見かけのみ人間の如くにてありしなり。魔力が高揚せしときは、蛇の頭となるも、人間には、普通の人に見えたり。人間のごとき姿をとりて、会議に入り込み、各界の頭を彼らの技術によりて殺し、各界の者たちの姿をとりて、人間を支配す。魔術によりてのみ彼らを発見することを得、音によりてのみ彼らの顔を見るを得たり。彼らは影の国より人間を滅ぼさんとし、人間に代わりて人間を支配せんとせり。

++ここまで++

デヴィッド・アイク氏らが述べていることに完全に符合しており、メソポタミアから出土している蛇頭の土偶にもそのままの姿が現れている。

やはり、彼らは実在するのだと。2万年以上も前に書かれた石盤(エメラルド・タブレット)にそれが書かれているのですから、間違いないのでしょう。

Eme_1

Eme_2


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ