【究極の目標『豪華客船のオーナー』】2014/02/11 6:35 PM

皆様
こんばんは。エニシです。
週休4日な週を満喫しております(笑)(=ω=)好きなだけ考え事(妄想とも言う)をしていられるのでたいそう幸せで御座います。大阪講演用のTPPの資料も完成に近付いてきました。


さて、私の究極の目標ですが、豪華客船のオーナーになろうと思っています。この夢の達成には、それこそ「尋常なこと」をやっていてもムリです。尋常なこととは、要するにタダのサラリーマンとして自分の時間を切り売りしてあくせく働いたりすることを言います。

私、ちょいとCAD(コンピューターで描く絵)の心得があるので、3DCGで欲しいものを描いたりすることができます。これを使って、私が将来建造しようと考えている

Wisdom of the Truth号(真実の知恵)

を具体化してみました。トレーラームービーです。




まだまだ細部を作り切れていませんが、これから作り込んでいきます。設計段階の大まかなスペックは以下の通り、

全長600m:これは、現在世界一の豪華客船 Oasis of the Seas号の二倍近い大きさです。当然ながら日本最大の飛鳥Ⅱよりもでかい。

800px-Oasis_of_the_Seas,_October_30_2009

800px-Asuka_II_002

二連の観覧車。それを乗り継いだ船上の最高峰に展望台。

甲板の最上階には大型のプール、ウォータースライダー

船内にショッピングモール

船の先端と後端を結ぶ空の歩道

屋外シアター

大型の温室植物園

室内プール

大浴場

室内スキー場(ザウス風)

2隻の飛行船を常時搭載しており、適宜、近くの島などへ航行可能。

船員、お客様合わせて15000名の搭乗が可能。

高度に洗練された自給自足システムを備え、その気になればこの船内で閉じた生態系を維持することができ、ある意味「ノアの方舟」にもなり得る。

世界を旅するこの船に乗って、悠々自適に世界のニュースなどを見ながら執筆活動をする。

展望デッキの喫茶店のスカイルーフから、ただぼ~っと抜けるような青空を眺めて物思いにふける。

この船の建造に掛かるのは、何百億か、何千億か。それは別に問題じゃなくて、私が希望すれば宇宙はそれに合わせて現実をアレンジする。つじつまを合わせて具現化するのは宇宙の仕事。

たのんます。これが私の希望です。誇大妄想と笑いたくば笑え。
アセンション以降の地球。夢は描いた者勝ち。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ