【長女が生まれて。】2015/03/12 8:44 AM

皆様
お早うございます。エニシです。
隔週で、長女のいる嫁の実家の群馬に週末出向いています。

赤ちゃんは大きくなるのが早いですね。2ヶ月と少しが経ったところですが、体重はもう倍近い重さになっています(笑)

私も結構大きな心境の変化があって、とんと自分のモノは欲しくなくなりました。棚に眠っていた無駄なものたぐいはほとんどヤフオクで売ってしまいました。(全部で多分、20万円分くらいにはなったかなと。驚き。)長女が2ヶ月ジャストのところで「おはよう」と喋ったと嫁から電話があり、こりゃあ才女かもしれんということで、教育にお金を掛けます(笑)

しかし、講演会「ハゲ・薄毛克服セミナー」で語った通り、私は19歳の時にビックリするくらい髪の毛が抜け落ちまして(´;ω;`)19歳でそんな老いを経験する羽目になる劣った遺伝子は次の世代に残すことは迷惑だろうと本気で思って、子供は作りたくないと父母にはこの理由と共に伝えていました。それくらい自分の遺伝子を呪ったんです。良いんだよ。ダメな遺伝子は淘汰された方が良いじゃないかと。生んでくれたことには感謝だが、こんな遺伝子だれが受け継いで喜ぶんだよと。(なにが奏功したのか、今年35歳になるところですが傍目では別にハゲとも薄毛とも言われないだろうという外見は保っています。)

だけど、私と家内の良いところを取った長女の、寝顔や微笑んでくれる顔を見ていると、とにかくもう可愛くて可愛くて、これは僕の遺伝子も捨てたもんじゃないかもと思うんですね(笑)家内の家系には一人も禿げはいないし、女の子だからまず禿げることなんてのはあり得ない。

生まれてきてくれてありがとう、と同時にこんなに自分を肯定できる心持ちになれたことにも、長女に感謝です。


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界
ブログのアーカイブ