【マルチレベルマーケティングについて①】2012/05/11 4:58 PM



皆様

お早うございます。エニシです。



ふと、預金通帳を見ていて気付いたのですが、今月頭の支払いで、5年ほども前に組まされたリボの分割支払いがようやっと終わったのです(^^;)

これは実は、あるネットワークビジネスN社の商品を一通り買いそろえる為に、25万円分だったかを工面するために組んだ、というより組まされたものでした。

6a0147e35a8d29970b01676668cdba970b

ネットワークビジネス。要するにマルチとか、ネズミとか正直印象は決してよろしくない商法ですが、便利な自動車にも良い面と悪い面が存在するように、悪いネットワークビジネスと、真っ当にやっている優良なネットワークビジネス、さらには、その優良なネットワークビジネスの中にもまじめにやっている人間とマネーゲームをやって人様に迷惑を掛ける連中とおり、要は「会社」と「人」のかけ算によって行われる活動の質に大きなばらつきが出るという性質があります。



私は、冒頭に書いたN社とA社と二社に関わったことがありますが、どちらもが私の知人からビジネスのお誘いとして話が来て、安くないお金を払って入ってみたらば、私を誘った本人が私に何も言わずにさっさと先に辞めていたということが立て続けに起きました。

「なるほど。ネットワークビジネスというのは、こういう『体の良い詐欺』をやって良心の痛まない連中がやることなんだな」

と納得し、それ以来2度とネットワークビジネスになど関わるモノかと思いました。最終的には、その業界関連の本や、実際にそれに携わっている人々でしっかりと活動している人格者である方々と知り合うことで悪い印象は私に関しては払拭しましたが、それでもネットワークビジネスにまつわる悪い要素と言いますか、悪評が立つようなことをやる輩が後を絶たないというのもこの世界です。



ネットワークビジネスは、関わる会社と会社の選び方を身につけるということと、そして何だかんだ言ってもいわば営業的なセンスを持ってその商品を伝えていくという気概があれば、一般の人が極小のリスクで大きな成功を手にできるチャンスであることは間違いありません。

私なりの考え方はありますので、ここから数回、ネットワークビジネスについてお伝えしようと思います。

<続く!!>


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:経済
ブログのアーカイブ