【世界の病んだ仕組みの真実を語る本】2011/12/29 2:20 PM


6a0147e35a8d29970b015439180f54970c

私も読みました。すばらしい本です。

『お金とマスコミはこうして人の幸せを食べている』

戦争、貧困、などなど人間にとって望ましくないものが生み出される裏で暗躍するのは、人から搾取し、隷属させることにか興味の無い貪欲な国際銀行家です。

戦争を起こすように仕向け、その当事者双方に武器を売り、戦費を貸し、莫大な利子を得る。

モノやサービスの交換手段でしかないお金というものに、利子という仕組みを入れ込むことで何にも裏付けられていない価値を生み出し、さらに肥え太る一方で、お金を使う側はますます貧しくなっていく。

彼らの活動を知れば、戦争の歴史などが全て理解でき、一本の筋が通ります。

誰も望んでいない戦争が何故起こるのか、貧困は良くないと言いながらそれが増え続けるのはどうしてなのか。



ところが、Amazonでも楽天ブックスでも入手できない状態になっていたため、何らかの圧力が加わったのかと心配していました。が、発行元のThinker様に問い合わせたところ、只今版を重ねるために手続きを行っているとのことでした。まもなくまた、店頭に並ぶでしょう(^^)



世界の人々が知るべき情報が網羅されているので、是非読んでみて下さい。この真実を知れば、皆さんで世界を変えられます!!


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:経済
ブログのアーカイブ