講演テーマ

心の病への新しいアプローチ:「服薬と休養」に待ったを掛ける2013/04/01 6:45 AM

このテーマは、私が最初に作ったものです。何を隠そう、他でもない私のうつ病と自殺未遂、そこから這い上がるまでの克服体験談です。(今の私を見た方には想像もできないことだと思うのですが、事実なのです。(^^;))

大学院を卒業して新卒の社会人として社会に出たのが2006年。一年過ごしてどことなく、見えてしまった「日系企業でのサラリーマン」という人生の限界に辟易し始めたところに、ヘッドハンターという悪魔の囁きがありました。

自分の好きな仕事、倍以上の年収、そして成果主義。バラ色のはずの転職でした。しかもニューヨーク証券取引所に上場している世界でも名の通った大企業。私も努力の果てにとうとう、チャンスを掴んだと思いました。

ところが、これが詐欺まがいの「人転がし」だったのです。

日本の社会は、1度敷かれたレールから降りた人間に対しては非常に冷たい。私は最初の会社を1年で辞め、上記の二社目も体を壊して5ヶ月で辞める状況に陥り、人材市場での価値がゼロになり、26歳で無一文のプータローになって実家に逃げ帰りました。

そこから先が、うつ病の地獄だったのです。

ただ私の場合、幸いなことに自殺の失敗や腕の良いセラピストさんとの出会いなどの幸運が重なって生かされることになりました。その克服のプロセスを自分なりに克明に追った体験談が、この講演です。

6a0147e35a8d29970b016768dfd2d4970b-800wi

カテゴリ:

代替医療の最先端:難病ちちんぷいぷい2013/03/16 7:11 AM

ノーベル賞級の発見なのに、全然表沙汰にならない不思議な情報達があります。

・副作用のない抗がん剤「丸山ワクチン」
・カナダでは認可が下りている抗がん剤「714-X」(通称ソマチッド療法)
・2006年の日本糖尿病学会でその分子薬理学的な糖尿病への効果が発表された「ステビオサイド」

こんな情報、日本の一体何割程度の方がご存じでしょうか?
こ ういった本当の治療法はたいがい非常にシンプルで安上がり、副作用も無いという特徴を持っています。残念なことに、こういった治療法が常識にな ると既得権を侵される既存西洋医学一辺倒の方々によって巧妙に情報が隠されている、酷いケースでは関係者を社会的に抹殺して闇に葬られているという現状が あります。

しかし、こんな歪んだ常識による支配の構造は間もなく終演を迎えます。
日本の健康保険組合の9割が赤字という状況で、いつまでもこんな「高い」「治らない」「副作用ばかり」という治療を続けることはできなくなるでしょう。

真実を知って、廉価な方法で自分と大切な人々を守る術をお伝えします。

6a0147e35a8d29970b017616d496ce970c

カテゴリ:

アレルギーの改善方法:デトックス乳酸菌の秘密2013/03/16 7:10 AM

不思議なもので、我々の生活が便利になるに従って、この半世紀ほど増えていく一方 で来ているのがアレルギーという病です。色々な研究機関や製薬企業があれやこれやの理論を持ち出しては対症療法的な薬を開発していますが、どれもこれも付 け焼き刃的なものであって、根本的な解決策にはならないばかりか副作用も多いため、ますます我々のQOLは下がるばかりです。

実のところ、日本には毎年7万項目もの新しい化学物質が運び込まれており、それらに我々は日常的に暴露されています。

人間の免疫機構は4種類があり、その1つが化学物質を含めた未知の物質を担当する のですが、こうも毎日新しい化学物質が肌に触れるという状況では、人間の体は化学物質に特化した免疫機構を備えざるを得なくなり、結果としてこれが異常に 肥大化したものになって制御が出来なくなっているです。

さらに、日本でも化学農薬はバンバン使っていましたし、野焼きの文化だったためにダイオキシンも大量に発生させてしまいました。それらが川を下って海洋性タンパク質に蓄積されて、濃縮されたものを我々が体の中に取り入れてしまっているのです。

ただ、おそらく根本的な解決策と思われるものは既に見つかっており、人間の体の中 に入り込んで内分泌を攪乱させるダイオキシンを始めとした環境ホルモンと、それによって異常分泌された炎症ホルモン(ヒスタミン)の双方を分解できる新種 の乳酸菌(といっても既に15年ほど前に見つかったものですが)が存在します。

この乳酸菌についてのお話しです。

6a0147e35a8d29970b017743bb07a6970d

カテゴリ:

小食のススメ:人間1日1.5食で充分ですよ2013/03/16 7:10 AM

人間の体は、数百万年という長い時間の流れの中、何度も氷河期を経験して飢餓に耐えるべく様々な機能を学習し、備えました。

なので、食べ物が少ない!という状態は人間お手の物なのですが、現代はどうでしょう?日本は食品を特に輸入する国なので、食卓に並ぶものはとってもバラエティに富んでいるし、量も豊富、中には地球の裏側から運ばれて来ているものもあります。

こんなに食べ物が豊富だった時代というのは、人類の歴史では実はとっても特殊なのです。それもここ100年も続いていない、ごく最近の事なのです。

江戸時代も、1日に2食、今の我々がいうところの朝ご飯は食べていなかったということが記録として残っています。つまり、我々が現代の慣習に則って普通に食べていると、間違い無く「食べ過ぎ」の状態になってしまうんです(^^;)

食べ過ぎた食べ物が、完全に消化しきれず、体の中で色々な悪さを働きます。

そこで、人間の本来のサイクルに即した1日1.5食~2食という生活への楽なシフト方法、それによって手に入る健康、食費の節約術(笑)についてお教えします。

6a0147e35a8d29970b016768dfe1e9970b

カテゴリ:

ハーブ(薬草)を科学する:植物は人間の最強のパートナー2013/03/16 7:09 AM

たかが草、されど草。日本で最も癌の発症率が少ないのは静岡県。お茶の消費量が全国平均の三倍もあるため、緑茶の中に含まれる抗酸化物質の「カテキン」による活性酸素の除去が主な理由ではないかと言われています。

古来から薬草と人間は非常に密接な関わりを持っており、ヨーロッパで過去に起きた「魔女狩り」はどうやら、西洋医学を推し進めていた勢力がハーブその他を使った古来の自然療法を推奨していた女性達を排除するために行ったことだという説もあります。

中にはトリカブトなどの非常に危険なものも存在していますが、植物は基本的には人 間の味方です。今でも製薬メーカーはこぞって密林に分け入り、実は新薬の素材になるような新種の植物の探索に余念がなかったりするのですが、西洋医学では 自分たちの開発した「薬品」が自然由来のものだとはどうにも言いたがらないようで、植物のすごさは我々の意識の外に追いやられています。

実は日本にもスゴイ薬草が存在していて、上手く使えば地球に対して人類がもたらし てしまった負の遺産(化学肥料やダイオキシン、食べ過ぎによる肥満の蔓延、搾取されすぎて痩せてしまった土壌、自然の摂理に反した生活による病気の類い) を全て解決できるものがあったりもします。

こういった非常にパワフルな、それでいて簡単に皆さんの生活の中に取り入れることが可能な薬草の類いについて、お話しします。

6a0147e35a8d29970b017616d4a1fe970c

カテゴリ:

波動医学概論:ドイツで認められている医学なのに2013/03/16 7:09 AM

もともと日本は、医学についてはドイツに学んだという歴史があります。だので今の病院の臨床の現場にも沢山、ドイツ語が残っています。「エントラッセン:退院」「カイザー:帝王切開」「ステルベン:無くなる」などなど枚挙に暇はありません。

今ドイツの臨床医学の現場では、波動医学(もしくは振動医学)というものが実際に 用いられ始めています。科学が完璧に捉えることができるというレベルにはまだ至っていないのですが、それでもそれによってもたらされる素晴らしい効果を考 えたとき、用いないという手は無いということで使われています。

我々の肉体も、最小の単位である分子や原子といったところまで分解すると、電気的 な引力によって構成されているということが分かります。これら原子の組み合わせによって、電子の軌道も無限通りに存在するすることになるため、それによっ て発生する電磁波あるいは電磁場というものも無限のパターンを呈することになります。

ということは、例えばですが、あるタンパク質は特有の電磁波を帯びたものであり、そのタンパク質によって構成されるある臓器も特有の電磁波を持ち、それによって作られている我々の体もまた、特有の電磁波を持つわけです。

これを逆に応用すると、通常の人間の臓器が放っている波動と違うモノを出している臓器には、何らかの問題があるということが推測できる。そして、その波動を通常のものに戻すことで、治癒に導くということも可能になる。

これが、波動医学の基本コンセプトです。講演では、波動医学の最先端を皆様にお話します。日本の医学はこの分野では半世紀は遅れていると要っても過言ではないでしょう。

6a0147e35a8d29970b017743bb172c970d

カテゴリ:
講演会