【イイネ!ボタンともう一つ。あるいは二つ。】2013/08/08 8:00 AM

皆様
お早うございます。エニシです。
庭の唐辛子が真っ赤に実り・・。

こりゃあ、シャア専用トウガラシです。(=ω=)
Touga

さて、最近のSNSにはイイネ!ボタンが普通に設置されていますが、困るのはその投稿自体が結構ネガティブな内容だったり、凹みましたという話だったりの時です。

困っていることに対してイイネ!してしまうと「こっちは困ってるのに何事か」という話になるわけで、しかし読み方によっては「それでも頑張る!」みたいに読めて応援したくなったりと、その記事を見てどう評価して欲しいのかというのは、書き手に明確に決めて貰うしかないのです。褒めて欲しいのか、慰めて欲しいのか、共感して欲しいのか。

なので、私はSNSに付けるこの手のボタンに最低

「イイネ!」
「お気持ち、察します。」

の2通り

あるいは、ニュートラルにただ目を通しましたという意味で

「イイネ!」
「読みました!」
「お気持ち、察します。」

の3通りを用意すれば良いのではないかと思います。

投稿の時点で、書き手がどれを表示するか設定。
そして、読み手がその表示された項目に合致する感情を抱いたのであればそのボタンを押せば良い。

こうすりゃ、書き手の気持ちと読み手の気持ちの変な乖離によるトラブルを無くせると思います。


うおー。今日はつまらん記事を書いてしまった・・。(;=ω=)

iine


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ