【エニシ、1000円モーターの伝説を追う!!】2014/03/09 7:59 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

実は昨年末実家に戻った際、家族で住んだ昔の家に行ってみようという企画が立ち上がり、当時住んでいた浦安の家に皆で出向きました。実に22年ぶり!

浦安は、そのほとんどが埋め立て地。
震災で結構な被害を受けており、道路とかボコボコで結構大変でした。

1


しかしこんなまっすぐなところが日本広しと言えど浦安以外にどこがあるかなって感じで・・。


で、当時の小学生だった私がお世話になった「ジェット模型」というおもちゃ屋さんが今もあるかと行ってみたら・・。


75689b52fbfd8f9752f9e2b2cc8810ad


ありました!普通に営業してる!それも当時の店主さんが普通にいらっしゃって、ミニ四駆の思い出話に花が咲いてしまいました。(;ω;)なあーつかしー!

そういえば、当時小学生だった私たちの間に、妙な噂が流れていました。

「タミヤが認めていない、とんでもないモーターが存在して、それを入れるとミニ四駆が超速くなるらしい。そのモーターは、1000円するらしい。」

という、1000円モーターの伝説です。

そんなものが実際あったのかと店主さんに聞いたら、

「あったのかって、そりゃあったよ。これだよ。私もコイル巻いて自作モーターを作っていたもんだ。」

と実物を見せてくれました!

2





『ウルトラ鳳凰』と『フルメタルブルー』!!(@ω@;)

あんまりネーミングに意味はなさそうだけど、スゴイってのは伝わってくる!?

店主さんに聞くと、1000円モーターという固有の商品は存在せず、1000円以上するような高価なモーターの総称だとのこと。ここで見せて頂いた2種類以外にも、ガラスのケージの中には、5800円という値段の付いた最高級モデルが・・。回転数12万rpm(rollings per second:1分あたりの回転数)とか書いてあって、それってハイパーミニモーターの公称スペック12800~14600rpmの10倍に匹敵します。

この手の改造というか非公式モーターを積んだミニ四駆で、実際に計測してみたら時速100kmを超えたというものもあったそうだから驚き!!!誰も掴めないし、走り出したらオシマイだよそれ(笑)店主さん曰く、回転数も消費電力もハンパないので、スイッチオンの状態でタイヤを止めたら、一瞬でモーターがメルトダウンするという(笑)からもう、完全にプロレーサー仕様だねそれ。


このスゴイモーターの、フルメタルブルー(55,600rpm)を買ってみました(笑)んで、それを搭載できるミニ四駆もついでに。実際搭載させてスイッチオンしてみた動画がこいつです。




うおー確かに音が違うよ。甲高い!!しかし普通のコース走れるのかこれそもそも!?一瞬でコースアウトじゃないか??

コースアウトした瞬間にスイッチがOFFになる機構が必要だよこりゃ。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ