【プロダクト・アウト とその逆 マーケット・イン】2014/04/02 7:44 AM

皆様

お早うございます。エニシです。本日も私のブログをお読み頂いてありがとうございます!

 

世の中に製品を作って送り出すその方向性を示す言葉に「プロダクトアウト」と「マーケットイン」という真逆の2つの概念があります。

プロダクトアウトは、職人さんが「こういうものがあれば良い」という道を究めるなかで生まれたモノを、市場が認めて製品になるという流れ。

マーケットインは、「今、みんながどんなものを欲しがっているのか」ということを綿密に調べた上で、それを満足するものを作るという流れ。

どちらが正しいかというのは諸説ありますが、Appleのジョブズや創業初期のソニーなどは間違い無く前者、最近の清涼飲料水などは後者の割合が多いのではないかと感じます。

しかし、傍目で聞いてカッコいいのは「プロダクト・アウト」で、ジョブズの言葉にそれが表れています。

「何が欲しいかなんて、実際にそれを見てみないと分からないよ」

私の作ったこれを使えば、もっと世界は楽しくなる!というプッシュ型の提案を世界に対して行って、実際その通りになってるのですから、当事者は楽しくてしょうがないはず。

おそらく、人々の既成概念を覆すような、つまりそもそも考えもしなかったという革命的なものはプロダクト・アウトでしか生まれず、既にあるものの改善というレベルであればマーケットインでも生み出せるのだろうなと。

生きているうちに何か1つ、私もプロダクト・アウトしますよ(=ω=)

iphone-5s-5c


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ