【ミミズコンポスト 冬場を乗り切るために米ぬかを投下!】2013/11/10 9:32 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

今日の埼玉は曇りのち雨。

さて、私は生ゴミのリサイクルをミミズコンポストによって実践しているわけでありますが、今年の猛暑のせいか、ミミズコンポストのミミズが一匹残らず天に召されたようで、この間調べてみたら本当に一匹も見当たりませんでした(^^;)

仕方なく、業者さんから2000匹ほどのミミズを追加で買いまして、コンポストに導入。しかし今度は冬に向かう季節のため、さてミミズコンポストをどうやって温めるかという話が持ち上がってきました。ほったらかしではいかんもんです。

ネットで調べてみると、コンポストの土の上に薄く米ぬかを蒔いて層状にするか、団子状にした米ぬかを埋めておくことで、その発酵熱を使って温めるという方法があるとのこと。なんと米ぬかというのは、発酵状態になると50℃を超えるということもあるそうです。

早速、ネットで米ぬかを注文しました。送料込みで945円・・(楽天)異常に安いな・・。よっぽど用途がないからたたき売り??(笑)

1

届いた米ぬか10kg。でかいです!!

2

とりあえず、小分けにします。

3

先週末に追加で入れておいたミミズたち。元気そうです。ちょっとスコップで土を掘ったらわんさかでてきました。(@ω@;)おおう

4

米ぬかを入れこむための穴を真ん中に掘る。ここから周囲を温める。

5

米ぬか投入。そして霧吹きでしめらせたのち、土を被せます。

6

脇でメダカたちが不思議そうに見ているので、米ぬかをあげてみたら、食べる食べる(笑)もともと米の削りカスですからね。

この米ぬか暖房、1度入れたモノがどの程度熱を放射し続けるのかが分からないので、温度測ったりしながら制御しなきゃならんですね。

自然はなかなか、メンテナンスフリーじゃいかないもんです。


【コメント】

コメントはまだありません

コメントを残す

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ