【綺麗な女性(ひと)。】2014/11/26 7:59 AM

皆様
お早うございます。エニシです。
今日も私のブログをお読み頂いてありがとうございます。

顔やら姿形の美醜については、先日のハゲ講演会のアナウンスの折でもお話したとおり、私も苦悩があったのですが、逆に綺麗な人とというのは、本当に羨ましいというか、存在しているだけで素晴らしい価値があるというのは私も認めます。(だからといってその人の人間性がどうとかの議論はまた別ですが)

綺麗な人、その中でも特にモデルや女優などの形で誰もが認める美しさを持った人というのは、しかるべくしてその頂上にまで辿り着いているというか、もはや努力とかそういうのを超越したところで動く因果によって「そうなった」としか捉えようのないところがあります。

私が個人的に綺麗だなあと思っている人のエピソードを挙げると、例えば

<綾瀬はるかさん>

Haru
 

芸能界入りを目指して幼少の頃から本当に一生懸命、努力してきた知人と一緒にスカウトキャラバンに興味本位で飛び入りで出場し、できることがないのでウサギの物真似をして、結局それがめっちゃ高得点でそれがきっかけとなり芸能界入り。

<本田翼さん>

Tsuba
 

ある日、ある事務所に所属している全く別々の個人であるスカウトマン7人に、それぞれから同日中にスカウトされて、それがきっかけとなり芸能界入り。

なんかね(笑)プロセスなんかもうどうでもよくて、この人は芸能界に入るということが既定路線になっていて、ほんのちょっとでもそれっぽいきっかけさえあれば、宇宙の因果がつじつまを合わせて芸能界に入れちゃう!みたいな、そんな仕組みなんじゃないかって思うんですよ。

脱帽。綺麗な人は綺麗です。素敵です。
逆立ちしたって勝てません。。゚(゚´Д`゚)゚。認めます。

でもどうか、その美貌を世の中が良くなる方向に使ってくれたら、望外の喜びでございます。

ミスユニバースの審査員だかの人が言ってたなあ。

『美というのは、言葉では全く言い表せないが、それが部屋に入ってきた瞬間に分かる』って。

そうですねー。


【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ