Blog

炭水化物と農耕・畜産2015/09/06 6:54 PM

皆様
こんばんは。エニシです。

本業での拘束時間が極めてマトモに、それこそ公務員並みになったので体力が結構余るようになってきました。今後コチラの活動ももう少し精力的にやっていけると思います。

糖尿病という病気は、文明の進歩に人間の肉体が追いついていないが故の病気です。

数万年前に、それまで狩猟がメインだった人間は農耕を覚えた訳ですが、この農耕によって人間があまり大きな割合としてはそれまで食して居なかった炭水化物(ほぼイコール糖質)が、ドンと増えました。

この農耕というのは、狩猟では不安定だった食糧事情の飛躍的な改善をもたらして人類が地球上の版図を広げる大きな武器になったのは間違いないのですが、それまでずっと狩猟を続けて来て、いわば肉食に最適化された内臓を備えていたところに、どっと炭水化物が流れ込んでくるようになったために、内臓は大きな負担を抱えることになったようです。
進化というのは、時々起きる突然変異ですから、炭水化物の消化にとっても都合の良い内臓を持った人類もどこかの時点では生まれるわけで、炭水化物の取り過ぎによってかく乱された人類の内臓の不具合である糖尿病は、いずれなくなっていくわけです。多分。

日本では香川県が糖尿病の罹患率最大で、香川県は言わずと知れたうどんの最多消費県です。おそらくは炭水化物の塊であるうどんの消費量と何らかの関係はあるでしょう。
ただ、こんな経緯を理解すると、例えばですけど糖尿病を世界から減らすには、炭水化物は人間が取るのではなくて、

農耕(炭水化物)⇒畜産(鶏とか豚とか)⇒んでその肉を人類が食す

という流れをメインにすることで減らせるんじゃないかと思ったりします。(スピリチュアル的には人間はどんどん肉食の割合を減らしていった方が良いということになっていますけどね。そうなると、菜食でも例えば玄米・ジャガイモとかはアウトになるので、また少し菜食の選択の幅は狭まることになる。)
確かに最近、炭水化物の食事を取った後の眠気はハンパなく、(うどんとか、パスタとか)なるべく控えるようにしています。仕事に差し支えるので。

炭水化物を取らずに済む菜食ってのが最強の食生活でしょうか?
やってみっかな。そういうの。

tansui

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康

宇宙まで届く塔2015/09/06 3:32 PM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

宇宙まで届く塔というのは、神話に出てくるバベルの塔やら

babel
スーパーファミコンソフト『ガンハザード』のアトラスやら

atlus
PS2ソフト『ロックマンX8』のヤコブやら

jacov
本当にこれだけ出てくるってことは人類の共通の夢なんだろうなあと思うし僕も出来ればその頂上にまで行ってみたいと思っていましたが、ホントに実現しようという人達がいるんですね(笑)

Tower
確か神話だと、天まで届く「ジグラット」の建設中に、人間の分際で生意気なと神の怒りを買ってしまい、作業をしていた人間達の言語をバラバラにしたことで意思の疎通が図れなくなった人間達が内輪もめを始めて結局この塔は瓦解したというエピソードだったと記憶しています。

高さ20kmだと、エベレストの2倍以上の高さになるわけで。作ってる途中にまた神様の怒りを買うのでしょうか(笑)

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界

画太郎先生の安定したぶっ飛びぶり。2015/09/04 6:36 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

私は漫★画太郎先生が大好きで、もはや漫画界の慣行とか常識とか、全てまる無視の縦横無尽ぶりがホントに凄いのです。

Amazonで彼の漫画をいくつか買っているからか、オススメ商品として表示された最新の著作を見てびっくり。

gatarou
いやぱっと見、彼の漫画だとは全く気付かない(4巻を除いて)(笑)

これだと、1-3巻についてはそれぞれの表紙のせいで勘違いして買った人が相当の数いるだろうと(笑)

 

んで、レビューを見てみると、

「原作とは全く別物」

と書かれている(笑)ドフトエフスキーに失礼だろうと(笑)

 

まあ、原作が一応あった「樹海少年」ですら、主人公が花粉症で爆死して物語途中でバッタリと終わるという、メチャクチャぶりなので、まあ彼にとって原作なんてものはどうだって良いのでしょう(笑)

ほんとすげえ。

マジメな漫画家だって、ジャンプに載ったところでその後本当に食い続けることができる人は少ないのに、彼ほどテキトーなやり方でもう20年以上もちゃんと漫画家をやっていけてるということはある意味奇蹟としか言い様がなく・・。

これからも頑張って下さい。画太郎先生。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:雑談

割に合う自殺の方法はほとんどない。2015/08/31 8:25 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

最近更新が滞ってしまっていてゴメンナサイです。

私が自殺を試みた際に参考にしましたこちらの本

costs
改めて読み直してみて、自殺を試みた本人と遺族が報われる的な死に方がほとんどないことに愕然としています。

・自殺を試みたことによる傷害や入院には健康保険が効かない

・不自然な死に方には警察の取り調べなどが発生するため、仕事や私生活に半年単位で結構な制約を受ける

・電車への飛び込みなどは、遅延損害金やら清掃代など、とにかくバカ高い費用が遺族に請求される

・保険金目当ての自殺は、高い確率でバレる。

 

これだけのことを調査して本にしてくれた雨宮さんに感謝です。

生きるのが死ぬよりも苦痛という人々は確かに存在し、ダラダラと続く生よりは自ら潔く死を選びたいというのは私も分かります。「生きて」というのは他人に押しつけられた他人の都合であって、底辺を支える奴隷みたいなのがいないと税金とかを巻き上げてピラミッド構造が維持できないからでしょという言い分も分かる。

しかし今の社会で取り得る手段というのが、どれをとっても自分と遺族に不利という状況は本当に絶望させてくれる。

安楽死を認めている北欧の国のように、「もうまっぴらゴメンだ」という人には自分で選べる「死」というのがあって良いと私は思うのです。一切の負の遺産を残さない「死」が。

 

今の日本だと、早まって死ぬととんでもない負担を遺族に強いてしまうので、ちょっとだけ踏みとどまりましょう。

その間に、この世を去りたい人は自ら去ることが、それも合法的にできる仕組みを作ります。

ziketsu

【コメント】

コメントはまだありません

ブラック企業が淘汰されている。2015/08/12 6:58 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

ブラック企業に粛正の風が吹き始めました。
ワタミ過去最悪の赤字 続く客離れ、稼ぎ頭の介護も低迷

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000051-asahi-bus_all

watami
 

アパレル業界で独り勝ちだったユニクロに変調が起きている

http://victory-president.com/archives/15827

Uni
 

過労死した方の恨みは恐い。

奴隷のような労働環境でこき使われる人の恨みは恐い。

こういう働かせ方をしているということについての社会の批判は恐い。

 

まだまだこれからだよ。今まで行ってきたことを悔いて、記者会見で土下座するくらいのことをしないと潰れるところまで一直線さ。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康, 時事

成果主義と年功序列2015/08/01 12:24 PM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

私は結構な回数、転職をしておりまして、東証一部上場で数万人単位の社員を抱える会社から、ドの付くベンチャー、外資系の会社、証券会社など本当に色々な会社を見てきました。

どちらの会社も、「公平で納得のいく評価」というものを掲げて成果主義的な制度を持っており、当然ながら毎期毎の目標管理というものが行われていました。

私も若い頃は、やれ実力でのし上がって・・とか考えていたせいで、大きな会社で自分の上長に当たるひとが自分よりも明らかに働いていないのに倍くらいの給料を取っていたりということが許せず、その会社を飛び出たりとかしていた訳ですが、いま考えると本当に青臭くて、バカだったなと思うばかりです。

 

5per
 

 

どんな会社でも社会でも、人間の質というのは絶対に一定になりません。なるべきだとも思わないし、万が一なったらなったで恐ろしく画一的な社会で、それはそれで例えば一種類の病原菌で全滅するといったリスクを抱える訳です。

なので、仕事の出来るやつ、出来ない奴、やる気のあるやつないやつ、当然出てきます。んで、ある目的を共有する形で集まった仲間で仕事をやってみると、当然効率の良い奴悪い奴と出てくる。そして、上位数%が不思議と、その団体全体のかなりの収益なり何なりというのをはじき出すようになるわけです。

ただ、当然上位数%の彼らだけで仕事は完結するわけじゃなく、彼らはお膳立てをして、あとは実行部隊であるその他大勢のマンパワーがなければ実際物事は進まない。実際、建設とかの作業はその通りです。

 

んで、この職場で誰がどれだけ貢献しているかっていう話をして、それで収益を分配しようという話が出てくるわけですが、これがなかなか難しい。

今まで本当に色々な評価指標というものが生まれてきましたけれども、ついぞ人間は公平で納得感のある人事制度というのを発明できていません。

成果主義という仕組みを実際にやってみると分かるのですが、目標を設定したり、その目標をどうやって数値化したり、進捗がどうとか報告したり、最終的にそこを達成できたのかっていうことを上に説明したりといったことが、存外に面倒なのです。究極的には人間が評価するのですから私見は絶対に入る。それをできるだけ公平に、というのは殊勝なことなんですが、大して成果の出ないそれをやるために、と~んでもない工数が掛かるのです。

 

7.15
 

 

日本一社員が幸せな会社の社長、山田昭男さんが書かれたこの書籍にも書いてあります。

「成果主義のコストがバカにならないので、逆に効率が悪いので単純に年功序列にしておくのが最もマシ」

「この会社で最も売上を上げている、ということは社内で不文律として伝わるもので、そこにプライドを感じて社員は頑張る。別に金銭的な対価のみを求めて人間は頑張るわけじゃない」

 

多分、これが結論なんじゃないかと思います。特に日本人は、です。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:生活お役立ち系

自殺のコスト。2015/07/17 6:41 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

自分の命についての最終決定権はその本人にあるべきで、そうであるからこそ魂の尊厳というものも保てると私はそういう立場なのですが、残された人々に迷惑の掛かる死に方というのは本当にオススメしません。

cost
雨宮さんのこちらの本には、色々な死に方の、遺族やその他の人々にかかる迷惑(おもに金銭的な)について詳しく書いてあります。

最近起きました、新幹線での焼身自殺のコストが算出されていたので、こちらに転記しておきます。

 

++以下++


 神奈川県小田原市を走行中に、焼身自殺を図られた『のぞみ225号』の損傷は甚大だった。

県警詰めの記者によると、

「林崎は、先頭1号車の最前列座席付近でガソリンをかぶって火を点けた。なので、前から3列目まで凄まじい燃え方をし、座席はアルミの骨組みがむき出し で、床を覆う塩化ビニール製のシートや樹脂製の窓なども高熱によって溶けていた。車両以外にも、JR東海の被害としては43本の新幹線を運休せざるを得な くなり、約9万4000人の乗客に影響が及びました」

また、人的被害としては、お伊勢参りに向かう途中だった整体師の桑原佳子さんが気道熱傷のため窒息死し、一酸化炭素中毒や気道熱傷で、28人が重軽傷を負った。

言うまでもなく、林崎は死亡しているため、これらの賠償請求は林崎の遺族が対象になる。

最近の例では、愛知県で2007年、認知症を患う91歳の男性が列車にはねられて亡くなると、JR東海はその妻と子どもらに、振り替え輸送の費用など720万円の支払いを求めて提訴している。

■相続放棄
果たして、今度のケースでは、どれくらいの金額を求められるのか。

鉄道評論家の川島令三氏が解説する。

「特急券は本来の到着予定時刻より、2時間以上遅れたら払い戻すという規約がある。焼身自殺によって、東海道新幹線は最大で4時間半の遅れが出ました。で すが、そのうちの2時間分については払い戻しの必要がないわけです。単純に、その比率に従えば、約9万4000人のうち、払い戻しに該当するのは約5万 2000人という計算になる。名古屋や新大阪までの特急券は5000円前後ですから、JR東海はだいたい2億6000万円を乗客に支払わなければならなく なります」

まず、JR東海は林崎の遺族にこの払い戻し分を請求できるという。

「加えて、車両の損害への賠償も求めることができる。燃え方からして1両まるごと交換しなくてはなりませんから、それだけで約2億5000万円が必要です」

少なくとも、5億円超の賠償金になるのは確実なのだ。

さらに、人的被害の償いもしなくてはならない。

損害賠償に詳しい、甲本晃啓弁護士の話。

「巻き添えになった桑原さんは、本人にまったく過失がありませんし、1億円の賠償が認められてもおかしくはない。また、重傷者は治療費、慰謝料含めて 300万円、他は1人あたり50万円前後で、ざっと28人で賠償額は1600万円くらいになるはずです。ただ、問題なのは、容疑者には姉と弟の遺族がいま すが、もし相続放棄されたら、JR東海も被害者も損害賠償請求する相手がいなくなってしまうこと。泣き寝入りするしかなくなるのです」

死してなお、「焼身自殺老人」は禍根を残したのだ。

++ここまで++

 

遺族が地獄に落ちるので、去る時は潔く、迷惑の掛からない死に方で逝きましょう。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界

胎内記憶と、さらにその前の記憶と2015/07/12 8:20 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

なかなかブログが更新できなくてごめんなさい。メルマガ「地球世界の論点」は、配送遅延を起こしながらですが(笑)地道に書いています。今、半分くらいまで書き終えたところです。少なくとも電子書籍の形では今年中に発表できる形に漕ぎ付きます。

 

さて、Youtubeで面白い動画を見つけました。



生まれる前の記憶を語る子ども達に共通するのは、何のために生まれてきたかという質問に対して

「人の役に立つため」

だそうです。

母親を選ぶとき、地上を見下ろすテレビモニタのようなものが沢山あり、そのうちの1つを選んだ上で、滑り台のようなものを使ってお母さんのお腹に下りていった、ともいう。

この手の不思議への興味は尽きませんね。(^^)本当に不思議。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:精神世界

ギリシャの騒動の本質2015/07/05 9:49 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

ギリシャの財政破綻の騒ぎの本質ですが、ギリシャが放漫財政をやっていたということは一因の1つとしてありつつも、根源的な原因ではありません。

『私企業による中央銀行制』

これが打破されないかぎり、国というのはひたすら利子から発生する負債を増大させていくという宿命にあります。

 

中央銀行(日本の場合は日銀)が私企業?何言ってんの?

と思われるかも知れません。しかし紛れもない事実です。

nichi
どうでしょう?JASDAQに上場している、普通の「株式会社」です。

ここが印刷するお金を、市中の普通の銀行が「借り」て、そのお金が僕たちの手元ににまで流れてきます。そしていずれ、このお金に利子を付けて、日本銀行に返さなければならないのです。日本で唯一、無からお金を印刷して作る事ができる法人からお金を借りて、利子を付けて返すのです。

この仕組みで、負債が増えない方がオカシイじゃないですか?

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:政治, 時事

毎日50人2015/06/24 7:57 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

ここのところ、こちらのブログに来訪される方の数が毎日50人以上(ユニークユーザー数といって、重複を排除した純粋な人数でのカウント)で安定しています。ありがとうございます。

なるべく毎日、こちらを更新できるように頑張っていきますので、よろしくお願い致します。

夢は東京ドームで講演会だな(笑)

IMG_3105_R

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:雑談
ブログのアーカイブ