Blog / 医療・健康

糖質制限。2015/10/24 8:32 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

人間にとって、糖質(=炭水化物)というのは農耕が始まってから急激に増えた食物ということで、人類史の長い目で見るとあまり望ましい食べ物ではないのではないか?という説があり、これが例えば

・肥満

・うつ病(脳で使えるエネルギーは基本的に糖分のみ。これが過剰になることで何らかの問題を起こしている)

に繋がっているという話があります。

写真
私は別に肥満ではなく、むしろかなりの痩せ体系なのですが、確かにラーメンやらパスタやらの炭水化物の塊を食べたあとに催す「眠気」というのは仕事の大敵だったりもしたので、糖質を極端に制限するということをこの2週間ほどやってみました。

・定食で出てくるライスを、一口、二口程度にとどめる

・ラーメン大好き人間だが(笑)、ラーメンは食べない。うどんやパスタも。

・朝食はホエイプロテインのみ

やってみたところ、昼食後の眠気については確かに糖質を制限するとほとんど感じないということが分かりました。

これは良い!

と思って続けていたところ、1週間を過ぎた辺りで、「起きているのにどうも頭がシャキッとしない、集中力が続かない」

という症状が出始めました。

 

糖質制限ダイエットの理屈は、外部から食事として入っている糖が無くなることで、体内では脂肪やら蛋白質を分解して糖を作り出すという回路が活性化するそうで、これによって脂肪が劇的に落ちていくということ。

私の場合、食事から入ってくる糖がなくなると、分解する脂肪がないので、それは脳のパフォーマンスに直結するわけですね(笑)(体脂肪率7.7%のエニシ)

どうしても眠くなってはいけない会議が午後の前半に控えているとかの状況でない限りは、私は糖質制限してもあまり良い事はないという結論に至りました。

しかし眠気は来るので、ホント日本全体で30分くらいのお昼寝タイムというのが制度化されればいいのにと思います。

特に頭脳労働の場合はこういう「うたた寝」(諸外国ではパワーナップ power nap という)がもたらすパフォーマンスの改善効果って凄いと思ってるので。

 

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康

一億総下流化2015/10/07 10:10 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

食費の節約術なる記事で読んだのですが

「セルフ系うどん屋でライスだけをたのみ、天かすとネギ、醤油を掛けて120円のオリジナル天かす丼」

なるものが紹介されていて・・・。

こんなので過ごしてたら体壊すだろうと。
どなたか管理栄養士の方がいらっしゃったら、この料理について栄養学的な観点から警鐘を鳴らして頂けませんでしょうか?

Tenkasudon

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康

うつ病のリスク2015/09/30 9:46 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

ブラック企業を告発する運動を展開されている今野さん
リクルート出身で人材系の書籍も出されている田邉さん

彼らの本を読んでみて共通していたのは、

「1度うつ病を発症してしまうと、社会復帰できる可能性は恐ろしく低い(5%未満)」

ということ。

僕は運良く、症状としてはまだ軽かったし出会ったセラピストの先生が腕利きだったので、約8ヶ月という期間でうつ病から抜け出し、社会復帰もできたけど、これは希有な例のようです。

私を治してくれた先生は、催眠療法をマスターしたセラピストを養成するために会社を作って事業としてそれを初めてくれたのですが、実際にそれでセラピストになれたという人は1人、2人。事業としては残念ながら3年ほどで行き詰まることになりました。

薬物療法では、治療10年コース確定。だけど催眠療法では、確かに薬の副作用などを心配する必要はないけれどもそれなりに費用が掛かり、薬物療法よりは結果が出ている気はするものの、それでも「立派に社会復帰できました」と言えるのは10人に一人いるかいないかかもしれない。

脳神経外科の分野での最新の研究では、うつ病を発症した人に特徴的な「脳の神経細胞の外傷」があり、これがうつ病の根本原因ではないか、という説もある。

残念ながら、まだ人類はうつ病に対抗できる効果的な手段を持ち得ていない。僕にとってはNLPによる催眠療法が劇的に効果があったので、これぞと思ってあちこちで話して回ったけれども、確かに一部の人には立ち直るきっかけとなって実際彼らは社会復帰できたが、私の話を聞いてくれた人が300人いたとして、結果の出た人の数は片手の指で足りるんじゃないかというレベルだ。(勿論、それでもやらないよりは絶対にマシだった。確実に救われた人がいるのだから。)
最近愚痴が増えた(笑)
なかなか思うようには、世界はマシな方向に転がっていかないものだ。

保険会社が当たらし保険契約を取るときに、相手の方の既往歴で重視するものに当然ガンの罹患歴というのがありますが、うつ病というのはこのガンと同じレベルのリスクとして扱われています。つまり、うつ病の診断が1度でも出ていたら、生命保険には入れない。「うつ病なんて、気の持ちようでしょ」とかいうのが素人の考えだが、統計学の権化である保険会社が統計的にシビアに評価したうつ病というのはそういうモノということだ。
1度うつ病になると、2度と治らない。

この前提で、そこまで陥る前に「命を守る」というつもりでブラック企業とかからは逃げ出す勇気というか、拒否する権利があるし拒否して良いということを常識として広める必要があると思いました。

top

【コメント】

コメントはまだありません

炭水化物と農耕・畜産2015/09/06 6:54 PM

皆様
こんばんは。エニシです。

本業での拘束時間が極めてマトモに、それこそ公務員並みになったので体力が結構余るようになってきました。今後コチラの活動ももう少し精力的にやっていけると思います。

糖尿病という病気は、文明の進歩に人間の肉体が追いついていないが故の病気です。

数万年前に、それまで狩猟がメインだった人間は農耕を覚えた訳ですが、この農耕によって人間があまり大きな割合としてはそれまで食して居なかった炭水化物(ほぼイコール糖質)が、ドンと増えました。

この農耕というのは、狩猟では不安定だった食糧事情の飛躍的な改善をもたらして人類が地球上の版図を広げる大きな武器になったのは間違いないのですが、それまでずっと狩猟を続けて来て、いわば肉食に最適化された内臓を備えていたところに、どっと炭水化物が流れ込んでくるようになったために、内臓は大きな負担を抱えることになったようです。
進化というのは、時々起きる突然変異ですから、炭水化物の消化にとっても都合の良い内臓を持った人類もどこかの時点では生まれるわけで、炭水化物の取り過ぎによってかく乱された人類の内臓の不具合である糖尿病は、いずれなくなっていくわけです。多分。

日本では香川県が糖尿病の罹患率最大で、香川県は言わずと知れたうどんの最多消費県です。おそらくは炭水化物の塊であるうどんの消費量と何らかの関係はあるでしょう。
ただ、こんな経緯を理解すると、例えばですけど糖尿病を世界から減らすには、炭水化物は人間が取るのではなくて、

農耕(炭水化物)⇒畜産(鶏とか豚とか)⇒んでその肉を人類が食す

という流れをメインにすることで減らせるんじゃないかと思ったりします。(スピリチュアル的には人間はどんどん肉食の割合を減らしていった方が良いということになっていますけどね。そうなると、菜食でも例えば玄米・ジャガイモとかはアウトになるので、また少し菜食の選択の幅は狭まることになる。)
確かに最近、炭水化物の食事を取った後の眠気はハンパなく、(うどんとか、パスタとか)なるべく控えるようにしています。仕事に差し支えるので。

炭水化物を取らずに済む菜食ってのが最強の食生活でしょうか?
やってみっかな。そういうの。

tansui

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康

割に合う自殺の方法はほとんどない。2015/08/31 8:25 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

最近更新が滞ってしまっていてゴメンナサイです。

私が自殺を試みた際に参考にしましたこちらの本

costs
改めて読み直してみて、自殺を試みた本人と遺族が報われる的な死に方がほとんどないことに愕然としています。

・自殺を試みたことによる傷害や入院には健康保険が効かない

・不自然な死に方には警察の取り調べなどが発生するため、仕事や私生活に半年単位で結構な制約を受ける

・電車への飛び込みなどは、遅延損害金やら清掃代など、とにかくバカ高い費用が遺族に請求される

・保険金目当ての自殺は、高い確率でバレる。

 

これだけのことを調査して本にしてくれた雨宮さんに感謝です。

生きるのが死ぬよりも苦痛という人々は確かに存在し、ダラダラと続く生よりは自ら潔く死を選びたいというのは私も分かります。「生きて」というのは他人に押しつけられた他人の都合であって、底辺を支える奴隷みたいなのがいないと税金とかを巻き上げてピラミッド構造が維持できないからでしょという言い分も分かる。

しかし今の社会で取り得る手段というのが、どれをとっても自分と遺族に不利という状況は本当に絶望させてくれる。

安楽死を認めている北欧の国のように、「もうまっぴらゴメンだ」という人には自分で選べる「死」というのがあって良いと私は思うのです。一切の負の遺産を残さない「死」が。

 

今の日本だと、早まって死ぬととんでもない負担を遺族に強いてしまうので、ちょっとだけ踏みとどまりましょう。

その間に、この世を去りたい人は自ら去ることが、それも合法的にできる仕組みを作ります。

ziketsu

【コメント】

コメントはまだありません

ブラック企業が淘汰されている。2015/08/12 6:58 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

ブラック企業に粛正の風が吹き始めました。
ワタミ過去最悪の赤字 続く客離れ、稼ぎ頭の介護も低迷

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000051-asahi-bus_all

watami
 

アパレル業界で独り勝ちだったユニクロに変調が起きている

http://victory-president.com/archives/15827

Uni
 

過労死した方の恨みは恐い。

奴隷のような労働環境でこき使われる人の恨みは恐い。

こういう働かせ方をしているということについての社会の批判は恐い。

 

まだまだこれからだよ。今まで行ってきたことを悔いて、記者会見で土下座するくらいのことをしないと潰れるところまで一直線さ。

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康, 時事

セラピーアプリ2015/06/17 6:34 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

Youtubeにてフォーカシングのセラピーなどは配信していますが、これの再生にはパソコンが必要だったり、スマホでアクセスしようにもYoutubeアプリでチャンネル登録したりの結構な面倒な手続きが必要です。

なので、AndroidやiOSで動作するアプリの形でこういったものが提供できれば・・と思うのですが、私のプログラミングの知識なんて新卒の時に研修で受けたJavaのちょこっとしたものに限定されておりまして・・・(;^ω^)いやー、開発資金が必要だねこりゃ。

ITの技術で、ストレスフルな毎日を少しでも生きやすく。

hypnosis11-e1412739433550

【コメント】

コメントはまだありません

オルターさんの食材で、楽天でも取扱のあるもの。2015/06/07 6:25 PM

皆様

こんばんは。エニシです。

 

徹底した安全へのこだわりを貫いているオルターさん。入会が結構な高さのハードルであるのと、まだ日本全国への配送に対応していないということで、試すことができない人も多いというのが実情です。(下手に遠くまで鮮度を保ったまま届けようとすると、そこに防腐剤やらを使うという余地が生まれてしまうのです。難しいところですね。だからこそ地産地消という考え方が重要なんです。)

 

楽天を見回してみると、オルターさんが扱っている食材で、楽天でも売られているものをちらほら見かけるので、また一部をご紹介しておきます。

0

 

無糖ホットケーキミックス

 

1

 

松田マヨネーズ

 

2

 

皇帝醤油

 

3

 

皇帝塩

 

4

 

キパワーソルト

 

5

 

古代食くろご

 

6

 

ハイパワーマグマン

 

7

 

麻の実油

 

8

 

麹の心

 

9

 

皇帝塩を使った安心安全調味料セット

 

 

 

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康

断食3日目。2015/05/22 8:28 AM

皆様

お早うございます。エニシです。

 

昨日までで、断食2日を余裕で乗り越えてしまいました。全く「ガマンしている」という感覚がなく、空腹も覚えず、食べるのを忘れているという感じです。今日が三日目。

前回、数年前にやったときは2日目の終わり辺りでかなりガクンとエネルギーが落ちて、すぐに食べる羽目になったのですが、今回はまた状況が違います。かなり状態が安定しています。

知人の知人というレベルですが、もう少なくとも10年以上は水だけで生きているという人、いたりします。NASAが24時間監視している中で実際に水以外は全く摂取しないで200日以上も生きているという人が世界に6人いるそうで、どうも人間にはそういう能力があるんじゃないかと思うばかりです。

『食べる』という行為が生きるために必須ではなく、純粋な楽しみの為の行為という位置付けになったらば、世界はどれほど平和になるだろうか?お互い食べるために奪い、殺してということを繰り返してきたわけですから。

120803131549

【コメント】

コメントはまだありません

『奇蹟のデトックスハーブ Ver.2.0』講演会のお知らせ2015/05/19 7:03 AM

皆様
お早うございます。エニシです。

Webをメインにご提供しておりますデトックスハーブの講演会。このハーブは国内大学にて研究が毎日進んでおり、この講演会の提供を始めた2年前とはまた大きく状況が変わってきました。これらの情報をもとにブラッシュアップしたバージョン2ということで、内容を改訂してお届けしようと思います。


このデトックスハーブですが、もともとは甘味料として作られた植物で、甘味の原料として葉っぱの部分が使われる反面、茎の部分は全く甘くなく使い物にならないため、畑に無造作に捨てられていたのでした。

ところが、これが発酵して堆肥になったものに、とんでもないチカラが隠されていたのでした。


使われる範囲は本当に広くて

・農薬に汚染された土壌に
・血糖値が気になる方
・高血圧が気になる方
・眼圧が気になる方
・活性酸素由来の諸々の体の問題が気になる方(悪性腫瘍も含む)
・体内に溜まってしまった化学物質にお困りの方

などなど、研究が進むにつれてどんどん範囲が拡がっています。


残念ながらまだ大量生産ができる状況にはないため割高ではあるのですが、本当に必要な方にとっては絶対に安い!と断言できるくらいのお値段にはなってきました。

特に、美容ジェルにしたものもあるのですが、女性の方々が日々、化粧水、乳液、クリームと組み合わせて使っていると月当たりのコストは普通に1万円を超えることを考えると、このハーブから作られた美容ジェルに一本化できると、満足のいく結果を得てさらに月のコストは抑えられる!という喜びの結果がもたらされます。(^^)



このハーブが日本に来た経緯、この「人間の世界の負の遺産」を全て清算してくれるようなチカラ、今日本で手に入る製品について、お教えしようと思います。

このハーブが正しく世界に拡がることで、地球の問題のかなりの部分を解決出来るのではないかと考えています。

無料のセミナーですので是非聞いてみて下さい。


<日時>

5月23日 夜20時~1時間版程度
WEB講演会なので、インターネットにつながったWindowsパソコンがあればどこでも、どなたでも参加できます!無料!

<予約申し込み方法>

こちらのフォームまで!
https://ssl.formman.com/form/pc/hXzDtvmKks9k2Of1/


お気軽にご参加下さい!

309071

【コメント】

コメントはまだありません

カテゴリ:医療・健康
ブログのアーカイブ