【奇跡のデトックス・ハーブ『ステビア・レバウディアナ』】2013/04/06 8:20 PM

植物と人間のポジティブな関わりというのは非常に歴史が長く、実はヨーロッパで起 きた「魔女狩り」と呼ばれる出来事は、当時の西洋医学と対を為していたハーブ療法を排斥する為の運動だったという話もあります。魔女は常に、森の中にいま すよね?それと、何故か大きな釜で何かを煮込んでいる。これは森の中に生えているハーブを煎じている様子だと言われています。それとホウキ。これは実はホ ウキではなくて、彼女らが手に持っていたシダ植物か何かの類いが「ホウキのように見えた」ということらしいです。

さて、こちらで紹介するステビア・レバウディアナという植物。もともとは、30年以上前に合成甘味料の代わりとして輸入・栽培の始まった植物です。
これを20年以上研究してエキスに仕立てたあるお爺さまがいて、実はこのエキスが、地球上に山積しているありとあらゆる問題の解決の手助けをしてくれます。

おそらくは、南米の古代インカ文明で使われていたデトックスハーブの「タロペ」という植物の末裔。
そして、法華経に書かれている皆悉具足(かいしつぐそく:すべてを兼ね備えた)の妙薬。
いろいろな文献にその出現を予言されていたようです。

今まで行われた種々の研究機関から発表されているものとしては、

・血糖値の改善作用(2006年日本糖尿病学会 千葉大学薬学研究院 矢野教授)
→既存のインスリン抵抗性改善薬と比較して数百倍の効果。しかも副作用ナシ

・強い抗酸化作用
→緑茶と比較して7倍

・デトックス効果
→ヒスタミンの分解(東北大学農学部)、ダイオキシンの分解(住友分析化学センター)

まだ民間からの報告というレベルですが

・放射性ヨウ素の分解(茨城県の農家の方)

・塩害を受けた土地の改善

こんなところが分かっています。

強い抗酸化作用は、主に豊富に含まれるカリウム塩から、デトックス効果は、このハーブのエキスの中にしか見つかっていない3種類の新種の乳酸菌によるものです。

驚くのは、この乳酸菌が、人間に(というよりは生物に)良くない菌・ウィルスや物質のみを選択的に殺菌・分解するということです。

発酵食品で、位置付け的には皆さんが食べる納豆と同じものですので、既存の薬とのバッティングもほとんどありません。

もちろん、効果を証明された薬ではありませんので何も保証はできるものでもないのですが、少なくとも私の身の回りには、これをお使いになって素敵な体験談をお持ちになった方が沢山いらっしゃいます。

ちょっぴり値は張るのですが、病気の方にも健康の方の予防にも、きっと良い結果が出るのではないかと思います。さらに詳細がお知りになりたい方は個別にご連絡下さい。

6a0147e35a8d29970b017c35b8246a970b


カテゴリ: