講演テーマ / 不思議な世界・超科学系

スピリチュアル・リテラシーⅢ:地球人類の変革を促す、光の秘密結社の存在2013/07/20 10:14 AM

不思議なもので、悪のあるいは闇の秘密結社というのは色々な形で姿を表します。人類の世界を影から操っているだの、せっかく生まれた新しい、素晴らしい技術を闇に葬っているだの、悪魔的な儀式で子々孫々と何かネガティブな存在をその身に降臨させてその意のままに動いているとか、枚挙に暇がありません。

しかし、彼らが実在するとして人間を苦しめて奴隷化して、という目論見を延々と続けている割には、そこまで人間の世界は地獄っぽくもないというか、それなりに楽しい世界だったり(笑)しています。ゆっくりではあるけれども、着実に進歩しているような様子もあるにはある。実際日本で言えば平均寿命は延びてきているし、結核は不治の病ではなくなったし、あちこちに移動する時だって、時間的な距離はどんどん短くなってきているし、ちょっと昔ではテレパシーとか言われた類いのコトを、皆さん携帯を持つことで何の気なしにやってのけている。

人類を奴隷化して利用し尽くそうという勢力がいれば、おそらく逆に人類を見守って、必要があれば成長の手助けをしようという勢力もいるのではないかと。そしてその拮抗状態の結果が今の世界で、という見方もできるのです。

今の世界の変化のスピードを見ているとどうも、この「光と闇の」長きにわたる戦いがいよいよ終結を向かえるのではないか、決着を付けるために双方とも最終兵器を持ち出しているのではないかと思うばかりです。

スピリチュアル・リテラシーの第三部では、スピリチュアルなお話でもあまり目にしない、存在はしているのだけど闇の勢力のように「自ら手を下して何かをやる」ということを聞かない「光の勢力」の姿を追います。

彼らはどこから来たのか、何を考えて人類を見守っているのか、具体的に今の世界で何を手掛けているのか、人類を、あるいは地球をどうしようとしているのかについて、お話します。

4195143_org

スピリチュアル・リテラシーⅠ:量子力学と大脳生理学が不思議な世界を捉えた!2013/04/06 6:11 PM

最近降って湧いたように出てきているスピリチュアルな世界の情報。愛や光や奇蹟や闇の秘密結社やら、玉石混淆なものですから、今までそういった世界とは無縁で来た方々は何を基準にどれを信じたら良いのか全然分からないものと思われます。

ただの金儲けや詐欺まがいのものの見分け方、逆に自分に適合するものの見つけ方、宗教との付き合い方、霊感等々のサイキック能力のトレーニング方法、そして実際のところこれから先の世界はどうなっていくのか、宇宙の仕組みの真実は?等々盛り沢山です。

私が死に損なってから(笑)知った死後の世界、向こうの世界、高次元の知的生命体から伺った世界についてお話しようと思います。 スピリチュアルな情報についての「見る目」を養う講座です♪

私はどうしても理系の立場から物事を論じたいので、この講座には「愛」とか「光」といった単語は全く出てきません(^^;)

中にはまだまだ、検証のしようのないものもあるので、興味のある方だけ、そうかそういう考え方もあるのか、程度のスタンスで気楽にお聞き下さいませ。

6a0147e35a8d29970b017743bb3194970d

人の体はどれだけスゴいのか:人間の体は超技術の塊!2013/04/06 5:17 PM

生まれてくるだけでも、昔の中国の官吏登用試験「科挙」と比べものにならないくら いの難関を突破しています。人間の目に匹敵するデジカメは今の技術では作れません。あらゆる検査機器がある平面を「平面だ」と認識するために、職人さんが 人間の指の感覚で作った別の手作り平面が必要です。

意外と知られていない、人間のカラダの凄いことが沢山あります。中には、今の科学者が逆立ちしたって敵わないものもあります。それくらい、人間のカラダは不思議に満ちています。

今の科学で分かっている、今の科学じゃどうあがいても勝てない、人間のカラダが持っている力についてお話しします。

これを知ったら、自分の体をお粗末になんてできないはずなのです(笑)

6a0147e35a8d29970b017743bb3706970d

科学から見た『地球空洞説』そして内側の文明世界:地球はやっぱり中空だった!2013/04/06 5:17 PM

プレートテクトニクス、大陸移動説、パンゲア大陸、マントル、コア等々皆さん中学の理科で、あるいは高校の地学で勉強されたことがあると思われます。

今の科学では一応、「地球は中身が詰まっている」ということが支配的な見解となっていますが、実は大きな矛盾だらけの、かなり脆弱な理論だったりするのです。突っ込みどころ満載なのです。

例えば、こんな厳然たる事実があります。

・「地球の裏側で起きた地震について、地表を伝わってきた震動は逆側で観測されるが、内側を通ってきた震動が観測されない」

・「海嶺では地殻が生まれ、海溝では逆にそれが沈み込んでいるとされるが、双方が地殻を生み出し、沈み込ませるスピードが同じでないため、地殻は際限なく増えている。」

・「重力の仕組みからすれば、地球のど真ん中は間違いなく無重力である。」

こういう事実に対して、今の地学はあれやこれやと複雑な話を持ち出して説明を試みる訳ですが、マトモな説明ができているとは言いがたい状況です。

どうやら、我々人類は根本的なところで誤解をしているために、その誤解の上に理論を構築しようとして失敗しているようです。重力の仕組みを正しく理解し、地球が空洞であるという前提に立つと、今までの地学が説明できなかった矛盾を恐ろしく簡単に説明できます。

そしてどうやら、内側にも核融合の太陽が中心に存在し、人類も居て文明もあるようです。世界各地の古文書や、近代にも残っているそれらしき記録を紐解いて、地球空洞説を検証し、内側に広がっている世界について思いを巡らせます。(^^)

6a0147e35a8d29970b017616d4c9b9970c-800wi

スピリチュアル・リテラシーⅡ:物質・非物質を含めた地球生命圏の起源と歴史2013/04/06 5:16 PM

世 界のあちこちに点在する、過去の文明の痕跡。特に、壁画などに描かれたその様子は興味深いもので、空から降りてきた船のようなものから出てきた、人類とは 違う人々から知恵や技術を授かったといったお話や、トカゲのような人々が人類を侵略していったというお話は、本当にあちこちの地域の独立した、脈絡のない 文献の中に沢山出てきます。

ノアの方舟のお話もそうで、登場人物や乗り物の名前に若干の違いはあれど、とんでもない大津波が世界を覆って、大半の人類が死に絶えたという所では一致したお話が、世界のあちこちで見つかっています。

昔の人たちがいくらファンタジーが好きだったとしても(笑)、こういった事象が世界の全く別の地域で一致するという点から考えるに、実際に起きたイベントのことを伝えたくて書き記したと考える方が妥当です。

デビット・アイク氏のムーンマトリクスシリーズや、プリズム・オブ・リラといった著作から得た情報を繋ぎ合わせて、地球生命圏の起源と歴史、そしてこれからを推察します。

6a0147e35a8d29970b017c355989a7970b

講演会